野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“どん底”の中でも活躍したオリ10年代ベストナイン 金子、糸井、李大浩、吉田正ら

今季は5年連続のBクラスとなる最下位で終えたオリックス。この10年間は苦しい時期も多かった。2014年の2位以外はすべてBクラスで終え、2度の最下位も経験。しかし、その中でも個々を見ればタイトルホルダーや表彰選手も数多くいた。この10年間のオリックスを支えたベストナインと監督を選出したい。

2010年代のオリックスを支えた金子千尋(現日本ハム)と吉田正尚【写真:荒川祐史】
2010年代のオリックスを支えた金子千尋(現日本ハム)と吉田正尚【写真:荒川祐史】

金子はタイトル総なめ、平野佳は40セーブを記録

 今季は5年連続のBクラスとなる最下位で終えたオリックス。この10年間は苦しい時期も多かった。2014年の2位以外はすべてBクラスで終え、2度の最下位も経験。しかし、その中でも個々を見ればタイトルホルダーや表彰選手も数多くいた。この10年間のオリックスを支えたベストナインと監督を選出したい。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

【投手】
先発 金子千尋(金子弌大)
中継ぎ 佐藤達也
抑え 平野佳寿

 オリックスのエースとして長年チームを引っ張った金子は、2010年には自身最多の17勝(8敗)、2014年には16勝(5敗)を挙げて最多勝に輝いた。特に2014年は最優秀防御率1.98をマークし、沢村賞、最優秀選手、伊藤光との最優秀バッテリー賞やゴールデングラブ賞、ベストナインとタイトルを総なめにした。

 佐藤はプロ入り2年目の2013年には40ホールド、防御率1.73と数字を残し、翌年も42ホールド、防御率1.09と大活躍。2年連続で最優秀中継ぎ投手に選ばれた。平野は2011年には中継ぎとして72試合に登板。43ホールドを挙げて最優秀中継ぎ投手に選ばれた。2012年終盤には抑えに転向し、翌年には62試合を投げてリーグ最多の40セーブを挙げた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」