野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹の2010年代ベストナインは? サファテや柳田、球界代表する選手がズラリ

プロ野球の2019年シーズンはソフトバンクが日本シリーズ3連覇を達成し幕を閉じた。2010年代も今年で終わり来季からは2020年がスタート。ここでは10年一区切りとし、チームの顔、脅威の成績でインパクトを残した選手たちといった各球団の2010年代ベストナイン、監督を選出する。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

現在もチームの主力としてプレーする選手が数多く選出

 プロ野球の2019年シーズンはソフトバンクが日本シリーズ3連覇を達成し幕を閉じた。2010年代も今年で終わり来季からは2020年がスタート。ここでは10年一区切りとし、チームの顔、脅威の成績でインパクトを残した選手たちといった各球団の2010年代ベストナイン、監督を選出する。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 今回は2010年代に入って常勝軍団となり、リーグ優勝5回、日本一6回を成し遂げているソフトバンクだ。

【投手】
先発 千賀滉大
中継ぎ 摂津正
抑え サファテ

 2010年代の初めは和田毅や杉内俊哉ら好投手が揃っていたが、現在のエース千賀を挙げる。最速161キロ、4年連続2桁勝利、そしてWBCで世界に衝撃を与えた投球など、どれを取ってもその力は随一と言えるだろう。

 この時代を彩った投手の1人が摂津正投手。プロ2年目の2010年に2年連続70試合超となる71試合に投げて38ホールド。翌2011年に先発転向すると、そこから5年連続2桁勝利をマークした。先発としても中継ぎとしても素晴らしい投手だった。先発には千賀もいたことから、中継ぎとして選出した。

 抑えは文句なしで“キング・オブ・クローザー”のサファテだ。2014年に加入すると、4年連続で30セーブ超。2017年にはプロ野球記録を更新する、前人未到の54セーブを記録した。ソフトバンクのみならず、球界を代表する抑え投手だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」