野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

球界“高給取り”は誰? 巨人菅野が最高6.5億円、アップ額1位は楽天浅村で2.9億円増

2019年も残すところ、あと数日。令和が幕を開けた1年が終わり、東京五輪イヤーの2020年がやって来る。プロ野球の各球団も続々と仕事納めを迎えており、いよいよ年の瀬が迫ってきた。

巨人・菅野智之【写真:Getty Images】
巨人・菅野智之【写真:Getty Images】

球界最高年俸は菅野の6.5億円、野手でトップはソフトバンク柳田で5.7億円

 2019年も残すところ、あと数日。令和が幕を開けた1年が終わり、東京五輪イヤーの2020年がやって来る。プロ野球の各球団も続々と仕事納めを迎えており、いよいよ年の瀬が迫ってきた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 プロ野球のオフシーズンといえば、注目を集めるのが各選手の契約更改だ。今年も大幅アップがあれば、大幅なダウンも。そのほぼ大部分は終了し、一部の選手を残すだけとなった。

 そこでここでは今季の契約更改を総括。12球団の各日本人選手の契約更改を様々な切り口でランキングしてみた。まずは、12球団の高額年俸ランキングだ。(なお、ソフトバンクの松田宣浩内野手は未更改のため除外した)

○高額年俸10傑
1 菅野智之(巨人)6億5000万円
2 柳田悠岐(ソフトバンク)5億7000万円
3 坂本勇人(巨人)5億円
3 山田哲人(ヤクルト)5億円
3 浅村栄斗(楽天)5億円
6 森唯斗(ソフトバンク)4億6000万円
7 丸佳浩(巨人)4億5000万円
8 糸井嘉男(阪神)4億円
9 山崎康晃(DeNA)3億5000万円
9 中村剛也(西武)3億5000万円

 球界最高年俸は巨人の菅野智之投手で年俸6億5000万円。今季は腰痛での離脱があり、22試合の登板にとどまった。3年連続2桁勝利となる11勝(6敗)をマークしたが、防御率は3.89。オフの契約更改では現状維持でサインした。

 野手最高年俸はソフトバンクの柳田悠岐外野手。今季は左膝裏の故障の影響もあって38試合の出場にとどまり、現状維持の5億7000万円に。ただ、来季が最終年の3年契約を見直して新たに7年契約を結んだ。メジャーを封印し”生涯ホークス“を宣言したことで大きな話題を呼んだ。

 菅野、柳田に続くのが巨人の坂本勇人内野手、ヤクルトの山田哲人内野手、楽天の浅村栄斗内野手の3人の5億円。坂本は昨オフに5年契約を結んでおり、3年目までは5億円で固定となっている。浅村は昨オフ、FA権を行使して楽天に移籍し、その際に結んだ契約により、来季の年俸は5億円に。山田哲は今季35本塁打98打点33盗塁の好成績を残し、7000万円増の5億円で単年契約を結んだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」