野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「野球って人間臭いスポーツ」 ロッテ4年目捕手に響いた高校時代の恩師の言葉

2019年6月22日。この日の試合は、ロッテ4年目捕手・柿沼友哉にとって思い出深い一戦となった。交流戦で訪れた神宮球場でのヤクルト戦。6-4と2点リードで迎えた8回表、先頭で柿沼に打順が回ってきた。

ロッテ・柿沼友哉【写真:佐藤直子】
ロッテ・柿沼友哉【写真:佐藤直子】

育成から支配下を掴んだ柿沼友哉、監督に感謝するプロ初アーチ

 2019年6月22日。この日の試合は、ロッテ4年目捕手・柿沼友哉にとって思い出深い一戦となった。交流戦で訪れた神宮球場でのヤクルト戦。6-4と2点リードで迎えた8回表、先頭で柿沼に打順が回ってきた。

「いつもだったら、この回の裏から細川(亨)さんに交代するから代打を出されちゃうところなんです」

 だが、井口資仁監督から告げられた言葉は、予想外のものだった。

「よし、しっかり打ってこい」

 少し驚きながらも、送り出してくれた監督の言葉がうれしかった。気合を入れて向かった打席。1ストライクからの2球目を思い切り振り抜くと、打球は左翼スタンドへ飛び込むプロ初ホームランとなった。「いやぁ、うれしかったですね?」と振り返る顔には、満面の笑みが浮かぶ。

 プロ初アーチが出たこと以上に、監督の気持ちに応えられたことがうれしかった。今季は1軍に定着しながら、先発出場しても「最後までマスクを被らせてもらった試合が少なかったんです」と話す。勝っていればベテラン捕手の細川と途中交代、負けていれば代打を送られる。そんな歯がゆさを感じる中で、突如与えられたチャンスには感謝の気持ちしかなかったという。

 2015年育成ドラフト2位で入団すると、ルーキーシーズン中に支配下選手登録され、シーズン終了後には侍ジャパンU-23代表として第1回U-23ワールドカップで金メダルを獲得した。翌2017年に1軍へ初昇格したが、主に2軍で技術を磨き、プロ4年目の今季、ついに1軍に定着。「順調に来られている、ちゃんと一段ずつ上がれているのかなと思います」と穏やかな表情を浮かべる。

 見る人に幸せが伝播するような笑顔を持つ柿沼だが、昨年まで自分と周囲を比較して心乱れることも多かったという。ロッテの捕手陣は39歳ベテランの細川の下には、25歳の田村龍弘、28歳の吉田裕太、25歳の宗接唯人、27歳の江村直也、そして26歳の柿沼と、ほぼ同年代が並ぶ。それだけに「ちょっと意識してしまって、他のキャッチャーが打ったり、盗塁刺したりが気になってしまった」という。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」