野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

リーグ連覇達成、森MVP、松坂復帰、日没コールドも… 西武の2019年10大ニュース

今年も若手とベテランの力がかみあって、2年連続のリーグV。捕手の森友哉が首位打者を獲得、山川穂高が2年連続の本塁打王と山賊打線は破壊力抜群だった。しかし、クライマックスシリーズでまたしても敗れ、日本シリーズは叶わなかったが、来季もプロ野球を沸かせてくれるだろう。西武の2019年の10大ニュースを、1年間チームを追ったライター・安藤かなみ独自の視点で振り返る。

首位打者とリーグMVPに輝いた西武・森友哉【写真:荒川祐史】
首位打者とリーグMVPに輝いた西武・森友哉【写真:荒川祐史】

最大8.5差をひっくり返した強さ、来季は日本シリーズ進出に期待

 今年も若手とベテランの力がかみあって、2年連続のリーグV。捕手の森友哉が首位打者を獲得、山川穂高が2年連続の本塁打王と山賊打線は破壊力抜群だった。しかし、クライマックスシリーズでまたしても敗れ、日本シリーズは叶わなかったが、来季もプロ野球を沸かせてくれるだろう。西武の2019年の10大ニュースを、1年間チームを追ったライター・安藤かなみ独自の視点で振り返る。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

○8.5ゲーム差から逆転! 2連覇を達成

 昨オフに投打の柱が流出。開幕ローテに内定していた榎田、内海が故障で離脱し、昨季最多勝の多和田がまさかの1勝止まりと投手陣の運用は苦しい状況に。しかし、高橋光が自身初の2桁勝利をマークし、新外国人投手のニールが球団の外国人投手の新記録となる11連勝を飾るなど、シーズン中盤には光明も。打線は8月、不振に陥った山川を4番から外し、中村を4番に起用。この打線の入れ替えが功を奏し、最大8.5差あった首位・ソフトバンクを猛追。パ・リーグ史上最も遅い130試合目で首位に立ち、劇的な逆転優勝を飾った。

○中村400号&栗山球団安打記録更新

 中村が史上20人目となる400号本塁打を達成。シーズンを通して自身4年ぶりとなる30号到達&4度目の打点王に輝いた。さらに、栗山も8月に通算100号本塁打を達成。プロ18年目で積み重ねた通算安打は1825本となり、石毛宏典氏が持っていた球団の通算安打記録を更新するなど、名実ともにミスターレオとしてチームをけん引した。同期入団で生涯西武愛を貫く「真獅子の骨と牙」と呼ばれる2人が来季もファンを心酔させる。

○森、捕手として史上4人目となる首位打者獲得でパMVP

 若き司令塔・森友哉捕手が打率.329と打ちまくった。今季は126試合に捕手として先発出場し、打線では中軸にどっかりと座ってその存在感を発揮。本塁打もキャリアハイの23本をマークした。シーズン終盤にはオリックス・吉田正とし烈な首位打者争いを繰り広げ、自身の試合が終わると「吉田正尚ヒット打った?」とオリックス戦の結果を欠かさずチェックしていたことが優勝祝勝会の場で暴露された。ちなみに吉田正は森の2学年先輩。

○山川2年連続本塁打王など西武強力打線が打撃5冠

 目標に掲げていた50本塁打には届かなかったものの、43本塁打を放った山川が2年連続のキングに。首位打者に森、打点王に中村、盗塁王に金子、最多安打には秋山がそれぞれ輝き、西武勢が打撃タイトル6部門のうち5部門を占めた。打点王の中村は満塁の場面で打率.531と衝撃的な勝負強さを見せ、シーズン終盤は「満塁で中村と勝負するなら歩かせた方がマシ」という風潮も生まれた。

○神様、仏様、平井様! フル回転で81試合登板

 とにかく投げた。平井はフル回転で81試合登板を果たし、1961年に球団OB・稲尾和久氏が残した1シーズン78登板という球団記録を更新。大車輪の活躍で2連覇に大きく貢献した。CS直前に右太もも裏を肉離れしながらも投げ続けた令和の鉄人。今オフの契約更改では1億円プレイヤーの仲間入りを果たし、ドラフト5位の下位指名からの大出世。オフはゆっくり休んでほしい。

○十亀、金子が複数年契約で残留 生涯西武でファン涙

 来季中にFA権を取得する見込みの金子。契約更改後の会見で来季から4年契約を結んだことを明かし、「ライオンズの全部が大好き。よそ(他球団)に行きたいという気持ちが芽生えなかった」とチーム愛を語って事実上の生涯西武宣言。さらに今季FAを取得していた十亀も「仁義を通すことが一番」と宣言残留を決意し、3年契約を新たに結んだ。この発言の数々に西武ファンは涙。より一層の声援を誓った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」