野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

菅野、柳田、山田、鈴木…12球団の“最高給選手”は誰? 最高は6.5億円、最安は2億円

2019年も残すところ、あと1日。元号が令和となった最初の1年が終わり、東京五輪イヤーとなる2020年がついに幕を開ける。

巨人・菅野智之、ソフトバンク・柳田悠岐、楽天・浅村栄斗、ヤクルト・山田哲人(左上から時計回り)【写真:Getty Images、藤浦一都、荒川祐史】
巨人・菅野智之、ソフトバンク・柳田悠岐、楽天・浅村栄斗、ヤクルト・山田哲人(左上から時計回り)【写真:Getty Images、藤浦一都、荒川祐史】

菅野の6.5億円は12球団トップ、ソフトバンク柳田は野手で最高年俸

 2019年も残すところ、あと1日。元号が令和となった最初の1年が終わり、東京五輪イヤーとなる2020年がついに幕を開ける。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 プロ野球界もすっかりオフシーズンへと突入。各球団の補強もかなり進み、戦力編成が整ってきた。各選手の契約更改も、そのほとんどが完了し、ごく一部の選手を残すばかり。今年も大幅アップがあれば、大幅なダウン提示を受けた選手もいた。

 それでは、各球団で最も“高給取り”となったスター選手は一体誰なのか。五輪イヤーとなる2020年の12球団それぞれの最高年俸選手を、高額な順に見ていこう(金額はすべて推定)。

○12球団別最高年俸選手
【巨人】菅野智之(6億5000万円)
 今季は腰痛に苦しみ、シーズンは22試合の先発にとどまった。3年連続2桁勝利となる11勝(6敗)を挙げたものの、防御率は自己ワーストとなる3.89だった。オフの契約更改交渉では現状維持の6億5000万円でサイン。これは12球団の日本人選手で最高年俸となる。

【ソフトバンク】柳田悠岐(5億7000万円)
 今季は左膝裏の怪我で離脱が長引き、わずか38試合の出場にとどまった。それでも来季で3年契約が最終年となることから、新たに契約を結び直して7年もの大型契約を締結。来季の年俸は今季から現状維持の5億7000万円となった。

【楽天】浅村栄斗(5億円)
 昨オフにFA権を行使して楽天に移籍した浅村。移籍1年目は全143試合に出場し、キャリアハイとなる33本塁打を放った。FA移籍初年度の年俸は前年度年俸が上限に定められているため、今オフの契約更改で2億9000万円増という大幅なアップとなって来季年俸は5億円となる。

【ヤクルト】山田哲人(5億円)
 12球団でも屈指の好打者として活躍する山田哲。今季はチームが最下位に沈み、打率.271と自身4度目となるトリプルスリーはならず。それでも35本塁打33盗塁と「30・30」をクリアした。来季中にFA権を取得する見込みだが、オフの契約更改では単年契約を選択。7000万円増の年俸5億円でサインした。

【阪神】糸井嘉男(4億円)
 2016年オフにFA権を行使し、4年契約でオリックスから阪神へと移籍。今季は左足首の怪我もあり103試合の出場で打率.314、5本塁打42打点の成績だった。来季が4年契約の4年目。オフには現状維持の4億円で契約を更改した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」