野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2年連続V逸&3年連続日本一 千賀の快挙、柳田が泣いた日…鷹の2019年10大ニュース

3年連続で日本一に輝いた2019年のソフトバンク。首位を走っていたシーズンでは西武の猛追に遭って逆転を許してV逸したが、短期決戦での無類の勝負強さを発揮した。千賀滉大投手がノーヒットノーランを達成するなど、球界の主役だったソフトバンクの2019年の10大ニュースを振り返ってみよう。

7年契約を結んだソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
7年契約を結んだソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

2年ぶりに交流戦制覇、工藤監督は続投となり2年契約

 3年連続で日本一に輝いた2019年のソフトバンク。首位を走っていたシーズンでは西武の猛追に遭って逆転を許してV逸したが、短期決戦での無類の勝負強さを発揮した。千賀滉大投手がノーヒットノーランを達成するなど、球界の主役だったソフトバンクの2019年の10大ニュースを振り返ってみよう。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

○2年連続V逸&怒涛の10連勝で3年連続日本一
 怪我人が続出する中でも8月まで首位を独走していたものの、終盤に失速。猛打を武器に追い上げてきた西武に最大8.5ゲームあった差をひっくり返されて、まさかの2年連続V逸となった。だが、クライマックスシリーズ(CS)1stステージ初戦で敗れてから、ポストシーズン10連勝。CSファイナルステージで西武、日本シリーズで巨人をスイープし、一気に頂点へと駆け上がった。

○2年ぶり8度目の交流戦制覇
 巨人との一騎打ちとなった交流戦は直接対決の最終戦までもつれ込む接戦となった。勝ったチームが優勝となる6月23日の対戦では「1番・二塁」でスタメン出場した福田秀平外野手の先頭打者本塁打でリード。和田毅投手が5回3安打1失点で651日ぶりとなる復活の白星をあげ、2年ぶり8度目となる交流戦の頂点に立った。
 
○工藤公康監督続投、新たに2年契約
 2年連続でリーグ優勝は逃したものの、3年連続の日本一に輝くと、日本一が決まった深夜に続投が発表された。2015年の監督就任後、リーグ優勝2回、日本一4回、5シーズン全てで2位以上という成績を残した。新たに2年契約を結び、2021年まで指揮を執ることになった。

○千賀滉大が史上80人目ノーヒットノーラン
 9月6日のロッテ戦でエース千賀が“令和初”“育成出身者初”となるノーヒットノーランを達成。5回途中まではパーフェクト、9回には連続四球でピンチを招いたが、無安打のまま、ロッテ打線をねじ伏せた。球団では前身の南海時代に別所昭氏が達成して以来、実に76年103日ぶりの快挙だった。

○柳田が泣いた
 4月7日のロッテ戦で左膝裏に怪我を負い、離脱した柳田。当初は全治3週間ほどとされていたが、実際はもっと重症で実戦復帰までは約4か月を要した。8月8日の2軍戦で実戦復帰を果たすと、その後、報道陣に対応中に思わず瞳から涙が。治るか分からない不安と戦いながら、実戦復帰を果たした安堵感から涙を流したのだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」