野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • 2020年、広島でブレーク期待の若手は? 高卒1年目で2軍で3割超、17年ドラ1捕手ら

2020年、広島でブレーク期待の若手は? 高卒1年目で2軍で3割超、17年ドラ1捕手ら

2019年はリーグ4連覇を逃してBクラスの4位に終わった広島。退任した緒方孝市監督に代わり、佐々岡真司新監督を迎え、2020年はペナント奪還を目指すシーズンとなる。

広島・山口翔、小園海斗、藤井皓哉(左から)【写真:荒川祐史】
広島・山口翔、小園海斗、藤井皓哉(左から)【写真:荒川祐史】

2年目を迎える小園は田中との正遊撃手を争う立場に

 2019年はリーグ4連覇を逃してBクラスの4位に終わった広島。退任した緒方孝市監督に代わり、佐々岡真司新監督を迎え、2020年はペナント奪還を目指すシーズンとなる。

【画像】「チンピラに絡まれたと」… DeNA山崎と広島鈴木が路上でバッタリ遭遇した実際の写真

 メジャー移籍を目指した菊池涼介内野手が残留。4番の鈴木誠也外野手、怪我からの完全復活を目指す田中広輔内野手ら、リーグ3連覇を知る中心選手は健在だが若手の台頭はチーム力アップには必要不可欠だ。

 そこでここでは2020年期待の若手をピックアップ。未来のスター候補たちを探っていく。

○小園海斗内野手(2年目、19歳)
 2018年のドラフトで4球団が競合した遊撃手。田中の不振もあって1年目から58試合に出場し、打率.213、4本塁打を記録した。2020年は復活を目指す田中との競争に。さらなる飛躍、成長を遂げてほしい選手だ。

○林晃汰内野手(2年目、19歳)
 2018年ドラフト3位で入団した期待の大砲候補。高校時代は名門・智弁和歌山で1年夏からレギュラーを奪い高校通算49発を記録。ルーキーイヤーの昨季は2軍で4番を務めるなど102試合に出場し打率.225、7本塁打、35打点と経験を積んだ。同期入団の小園に続くスター候補だ。

○羽月隆太郎内野手(2年目、19歳)
 2018年ドラフト7位と下位指名で入団したが、ルーキーイヤーの昨季は2軍で89試合に出場し打率.300、9打点、23盗塁と存在感を発揮。カープの二塁には残留を表明した菊池涼が君臨するが誓い将来、小園との1、2番コンビとして期待も大きい。

○中村奨成捕手(3年目、20歳)
 2017年のドラフト1位。高校通算45本、17年夏の甲子園では新記録となる大会6本の本塁打を放ち“強打の捕手”として期待されたが、怪我などもありここまで1軍出場はなし。絶対的正捕手の會澤や磯村、坂倉ら層の厚い捕手陣に食らいつきたい。

○山口翔投手(3年目、20歳)
 2017年ドラフト2位で入団。プロ2年目の昨季は救援で1軍初登板を果たすと、初先発となったヤクルト戦では7回2死まで無安打投球でプロ初勝利を挙げた。1軍では9登板(6先発)で1勝3敗、防御率4.85、ファームでは16試合に登板して6勝6敗、防御率4.42の成績。今季は先発ローテーション定着を目指す。

○藤井皓哉投手(6年目、23歳)
 2014年ドラフト4位で入団。プロ6年目の昨季は1軍で4登板したが、防御率14.21と壁に当たった。一方でファームでは26試合に登板して2勝0敗、驚異の防御率0.33。今季は1軍でも快投を再現したい。

○エマイリン・モンティージャ投手(2年目・24歳)
 カープアカデミー出身のドミニカ人左腕。昨年5月に育成契約を結ぶとファームで結果を残して7月に支配下登録。1軍では2試合の登板も、ファームでは13試合に登板して2勝4敗、防御率2.78の好成績を残した。190センチの長身を生かした投球でフランスアに続くブレークを狙う。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」