野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、ヤ軍10年代先発NO1に 170億円契約に米メディア「素晴らしい見返り」

田中将大、ヤ軍10年代先発NO1に 170億円契約に米メディア「素晴らしい見返り」

ヤンキースの2010年代最優秀チームを、ニュージャージー州最大のニュースサイト「NJ.com」が選定。田中将大投手が先発1番手に、黒田博樹氏が同5番手に選出されている。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

3年間在籍した黒田博樹氏は先発5番手にランクされた

 ヤンキースの2010年代最優秀チームを、ニュージャージー州最大のニュースサイト「NJ.com」が選定。田中将大投手が先発1番手に、黒田博樹氏が同5番手に選出されている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 記事によると、選出条件は最低2年間プレーした選手で、抑えは1人で救援枠は数人。「これがヤンキースの2010年代最優秀チーム。マリアーノ・リベラは選出されるも、デレク・ジーターはならず」として、メンバーを挙げている。

○監督:アーロン・ブーン

○ラインナップ
1.ブレット・ガードナー(左翼手)
2.アーロン・ジャッジ(右翼手)
3.ロビンソン・カノ(二塁手)
4.マーク・テシェイラ(一塁手)
5.ゲイリー・サンチェス(捕手)
6.ディディ・グレゴリアス(遊撃手)
7.アレックス・ロドリゲス(指名打者)
8.カーティス・グランダーソン(中堅手)
9.ミゲル・アンドゥハー(三塁手)

○ローテーション
1.マサヒロ・タナカ
 記事は「ヤンキースは2014年1月にマサヒロ・タナカと1億5500万ドル(約167億5500万円)で契約合意した際、毎年のようにサイ・ヤング賞を獲る見込みのある投手を獲得したと思っていた。それは現実になっていない。タナカは(投票で)5位以内に入ったことがない」と説明。「しかし、それでも、ヤンキースは投じた金額に対して、非常に素晴らしい見返りを手にしている。6年間でタナカは2度の球宴出場を果たし、75勝43敗、防御率3.75を記録し、その上ポストシーズンの8登板では防御率1.76としている」と評価している。

2.CC・サバシア
3.ルイス・セベリーノ
4.アンディ・ペティット
5.ヒロキ・クロダ

 記事は「メジャーリーガーとして最後の3年間(2012~14年)をヤンキースで過ごした。クロダは年齢を重ねていたものの素晴らしい投手だった。というのも、彼は37歳から39歳までの3年間に、97試合の登板で38勝33敗、防御率3.44を記録した。安定感もあり、最低でも毎年199投球回としつつも、防御率は3点台を各シーズンに記録した」と評した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」