年男の鷹・周東が今季に向け“珍”所信表明「ネズミのようにチョロチョロと…」

ソフトバンク・周東佑京【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・周東佑京【写真:藤浦一都】

球団公式ツイッターで新年のご挨拶、ハリネズミ片手に新年の抱負語る

 ソフトバンクは球団公式ツイッターを更新。今年24歳を迎える“年男”の周東佑京内野手が動画で新年の挨拶と共に今年の抱負を語り、ファンから注目を浴びている。

 周東は昨季、春先に支配下登録されると、102試合に出場して25盗塁を決めた。またその足と守備を見込まれて野球日本代表「侍ジャパン」に抜擢されると、「プレミア12」で優勝に貢献し、日本中から注目を浴びていた。

 動画では片手に干支のハリネズミを持った周東が、「今年は年男なので、ネズミのようにチョロチョロと動き回って、活躍したいと思います」と2020年シーズンの決意を宣言。ファンからは期待の声が集まった。

「応援がんばりまちゅ」

「ねずみのようにチョロチョロ動き回るの想像するとめちゃめちゃかわいいですねwww年男いい年にしてください」

「活躍期待」

「盗塁王お願いします」

「今年も期待してますよ!」

 支配下登録2年目、また東京五輪が控える今年はさらに多くの注目を浴びそうだ。

【動画】「ネズミのようにチョロチョロと」 鷹・周東が珍しい“所信表明”を語る実際の動画

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY