ブ軍山口俊の2年最大10億円契約、細かい出来高詳細が明らかに 70回到達から年俸アップ

ブルージェイズに入団する山口俊【写真:Getty Images】
ブルージェイズに入団する山口俊【写真:Getty Images】

山口は2年最大10億円で正式サインしていた

 巨人からポスティングシステム(入札制度)でブルージェイズに移籍する山口俊投手。12月27日(日本時間28日)に2年635万ドル(約6億9500万円)で、出来高を含めると2年最大915万ドル(約10億円)で正式サインしたことが伝えられていたが、このほど出来高の詳細が明らかになった。AP通信が伝えている。

 山口の年俸は20、21年ともに年俸317万5000ドル(約3億4800万円)。これまでシーズンの投球回が170イニングに達すると、出来高が加算されると伝えられていた。今回明らかになったのはイニング到達時の出来高。70イニングから120イニングまで10イニング増えるごとにそれぞれ10万ドルが加算され、130、140イニング到達で12万5000ドル。150イニングで15万ドル、160、170イニングでそれぞれ25万ドルが追加されるという。

 また、本人の許可なしにマイナーに降格されることはない。チームから先発、中継ぎでフル回転が期待される右腕は、細かい出来高設定でメジャーでの成功を目指す。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

CATEGORY