燕ドラ1奥川 首脳陣&ファン熱視線「すごく緊張」 新人合同トレ初日終了

ヤクルトの新人合同自主トレに参加しファンとタッチを交わす奥川恭伸【写真:荒川祐史】
ヤクルトの新人合同自主トレに参加しファンとタッチを交わす奥川恭伸【写真:荒川祐史】

ヤクルトカラーを意識したグラブで“始動”、最後はファン250人とハイタッチ

 ヤクルトの新人合同自主トレが7日、埼玉の戸田球場でスタートした。ドラフト1位の奥川恭伸投手はランニングやノック、キャッチボールなどの軽いメニューで約1時間半体を動かした。

 監督やコーチ陣、加えて約250人のファンからの熱視線を受けながらの初日に「すごく緊張感のある練習だった。これからのそういう緊張する環境のために早く慣れたいです」と振り返った。この日に向けて、新調したグローブは青の革に赤といった“ヤクルトカラー”で「少し(チームカラーを)意識しました」と笑った。

 立ち投げで50球以上を投げたが、この日は「キャッチボールはバランスを意識して、そんなに強くは投げてない」と語った奥川。それでも見守った高津監督は「思ったよりいい。上半身と下半身が連動したいい投げ方。日本を代表する投手に育てないと」と絶賛していた。

 練習後には待ち構えたファンと笑顔でハイタッチ。「たくさん応援して頂いているので応えたい」と意気込む。春季キャンプは1軍入りかまだ決まっていないものの「どちらであってもしっかり練習したい」と第一歩を踏み出した。

【写真】まるで美味しいものを見るような目で…奥川のブルペンに佐々木、森らナインがくぎ付けとなったU-18衝撃写真

RECOMMEND

CATEGORY