元燕カラシティ、ジ軍キャンプに招待選手として参加 年俸88万円マイナーリーガーも

2019年はマリナーズでもプレーしたマット・カラシティ【写真:Getty Images】
2019年はマリナーズでもプレーしたマット・カラシティ【写真:Getty Images】

カラシティは昨季マリナーズで3年ぶりにメジャー復帰していた

 ジャイアンツは6日(日本時間7日)、招待選手としてスプリングトレーニングに参加する選手を発表。元ヤクルトのマット・カラシティ投手らが名を連ねた。

 28歳のカラシティーは16年にロッキーズでメジャーデビュー。18年はヤクルトでプレーし、32試合登板(13先発)、7勝3敗、防御率4.18をマークした。昨季はマリナーズで3年ぶりにメジャー復帰。11試合登板し、0勝1敗、防御率4.66をマークし、シーズンオフにFAとなっていた。

 また、昨季はジャイアンツ傘下3Aでプレーしていたタイラー・シアー投手も招待選手として参加する。同投手は昨年10月に年俸の手取りが8216ドル58セント(約88万円)と給料明細を公開。過酷な状況でプレーしていることが米メディアで話題となっていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY