野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • 広島ドラ1森下、鷹ドラ3津森、巨人は太田…1年目から期待したい12球団ルーキーは?

広島ドラ1森下、鷹ドラ3津森、巨人は太田…1年目から期待したい12球団ルーキーは?

2020年が始まり、新たな1年が幕を開けた。各球団が仕事始めを迎え、今季のルーキーたちは続々と各チームの選手寮へ入寮し始めている。ここから新人合同自主トレで体を作り、プロとして初のキャンプへ挑んでいくことになる。

ロッテにドラフト1位で入団した佐々木朗希【写真:編集部】
ロッテにドラフト1位で入団した佐々木朗希【写真:編集部】

DeNAドラフト2位坂本は2018年新人王の東と同じ立命大出身

 2020年が始まり、新たな1年が幕を開けた。各球団が仕事始めを迎え、今季のルーキーたちは続々と各チームの選手寮へ入寮し始めている。ここから新人合同自主トレで体を作り、プロとして初のキャンプへ挑んでいくことになる。

 支配下登録74人、育成選手33人が新たにプロの門を叩く。そこで、ここでは今季、即戦力としての台頭を期待したいルーキーたちを各球団で1人ずつピックアップしてみたい。

【セ・リーグ】
○巨人:太田龍投手
 ドラフト2位でJR東日本から入団する190センチ超え、最速153キロの本格派右腕。カーブ、スライダー、スプリット、チェンジアップなど変化球も多彩。社会人卒ではあるが、まだ21歳。まずはじっくりと経験を積ませ、シーズン途中から1軍の戦力になることを期待されている。
 
○DeNA:坂本裕哉投手
 ドラフト2位で立命大から入団する左腕。大学時代には4年春にMVPに輝くなど活躍した。大学の2年先輩である東克樹は2018年に新人王に輝いており、その先輩に続く即戦力としての活躍が期待される。

○阪神:西純矢投手
 創志学園からドラフト1位で入団した高卒右腕。阪神はドラフト1位から5位まで高校生を指名し、将来性を重視した顔ぶれに。その中でも西は最速154キロを誇り、1年目から1軍でデビューするポテンシャルは秘めている。

○広島:森下暢仁投手
 ドラフト1位で一本釣りに成功した大学生No1投手。最速155キロを誇り、文句なしの即戦力右腕。1年目からローテの一角を担い、2桁勝利も期待したくなるほど。来季の新人王の有力な候補でもあるだろう。

○中日:橋本侑樹投手
 ドラフト2位で指名された最速148キロの左腕。大商大4年時にはノーヒットノーランを達成している。チーム内には左投手の枚数が多くなく、即戦力として1年目から1軍でプレーすることを期待される。

○ヤクルト:奥川恭伸投手
 高卒ルーキーでありながらも、即戦力としての活躍も期待したいドラフト1位の奥川。最速158キロを誇るボールは高いレベルにある。2位の吉田大喜投手と共に手薄な台所事情を救う存在になってもらいたい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」