元燕ハフ、ダイヤモンドバックスとマイナー契約 米メディア伝える

19年限りでヤクルトを自由契約となっていたデビッド・ハフ【写真:荒川祐史】
19年限りでヤクルトを自由契約となっていたデビッド・ハフ【写真:荒川祐史】

ハフは昨季ヤクルトで68試合登板、26ホールドをマークした

 昨季ヤクルトでプレーしたデビッド・ハフ投手がダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだとマイナーリーグ公式サイトが伝えた。

 35歳のハフは18年からヤクルトでプレー。18年途中に先発から中継ぎに配置転換され、35試合登板(14先発)、3勝6敗7ホールド、防御率4.87をマーク。今季は一時はクローザーを任されるなど68試合に登板。1勝5敗3セーブ、26ホールド、防御率3.97を記録した。昨年11月30日に保留選手名簿から外れ、自由契約となっていた。

 ハフは09年にインディアンスでメジャーデビュー。14年にはジャイアンツ、ヤンキースでプレーし、46試合登板、4勝1敗4ホールド、防御率3.36をマークした。マイナーリーグ公式サイトは「ダイヤモンドバックスは左腕のデビッド・ハフとマイナー契約を結び、彼の所属先は3Aのリノとなった。彼のメジャー時代の最高のシーズンは2014年。ジャイアンツとヤンキースでプレーしたときのことだ。直近3年半のシーズンをKBOのLGツインズとNPBのヤクルト・スワローズでプレーした」と伝えた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

CATEGORY