野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 41試合出場にとどまった梶谷、故障に泣いた三上… DeNAの2020年カムバック候補

41試合出場にとどまった梶谷、故障に泣いた三上… DeNAの2020年カムバック候補

昨季は2位に躍進し、2020年シーズンは悲願の優勝を目指すDeNA。主砲の筒香嘉智外野手がレイズに移籍して外野手の枠が空き、打撃面でチームの顔となる選手が必要だ。そんな今年、復活が期待される4選手に注目したい。

DeNA・梶谷隆幸【写真:荒川祐史】
DeNA・梶谷隆幸【写真:荒川祐史】

梶谷は2014年に39盗塁、17年には21本塁打をマークした

 昨季は2位に躍進し、2020年シーズンは悲願の優勝を目指すDeNA。主砲の筒香嘉智外野手がレイズに移籍して外野手の枠が空き、打撃面でチームの顔となる選手が必要だ。そんな今年、復活が期待される4選手に注目したい。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

○梶谷隆幸(31歳)
 2014年には39盗塁、17年には自身最多の21本塁打を放つなど4年に渡り主力だった。昨季は開幕スタメンも、打撃不振から約3か月半の2軍暮らしを経験した。2年連続で41試合出場にとどまり、昨季は打率.215、20安打、5本塁打、15打点と成績を落とした。今年は、筒香が抜けた外野手争いに名乗りをあげたい。

○倉本寿彦(29歳)
 ルーキーイヤーの2015年から3年連続で100試合以上に出場。特に16年は遊撃手として141試合出場、打率.294と活躍した。翌17年には全試合に出場するも、リーグ2位タイの14失策。18年からは大和の加入で出場機会が激減し、昨季はわずか24試合で打率.121に落ち込んだ。昨季固定できなかった二塁手として、または再び大和と遊撃のポジションを争い、スタメンに返り咲きたい。

○砂田毅樹(24歳)
 2013年育成ドラフト1位で入団し、15年に支配下登録。17年に62試合、18年はチームトップの70試合に登板した。しかし昨季は16試合登板で1勝0敗、1ホールド、防御率5.11だった。まだ24歳。2020年シーズンは飛躍に期待したい。

○三上朋也(30歳)
 ブルペンの中心としてルーキーイヤーの2014年から活躍していたが、昨年5月に右肘のクリーニング手術。9月に復帰したものの1回3失点で翌日に出場選手登録を抹消された。2016年には59試合に登板して2勝4敗、32ホールド2セーブ、防御率2.61を挙げた右腕の復活が待たれる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」