秋山加入でレッズ若手が危機も 編成本部長は問題なし「最高のチームには厚みある」

レッズ・秋山翔吾【写真:Getty Images】
レッズ・秋山翔吾【写真:Getty Images】

秋山は「日本でほぼ中堅手としてプレー」も、センゼルも中堅手に残る見通し

 西武から海外FA権を行使してメジャー移籍を目指していた秋山翔吾外野手と3年2100万ドル(約23億円)で契約を結んだレッズ。米メディア「ジ・アスレチック」は、秋山の加入によって昨季まで中堅を守っていたニック・センゼル内野手ら外野陣に起用法に注目している。

 記事では「レッズは打撃と守備の能力でアキヤマをターゲット」として獲得したとし、「日本でほぼ中堅手としてプレーしたが、右翼の経験もあり、レッズは彼が外野3ポジションで優れた守備ができる」と期待を寄せている。

 そして秋山の加入によって注目を集めているのが、昨季はセンターを守っていたニック・センゼル内野手だ。新人だったセンゼルは92試合にスタメン出場し、801イニングのうち中堅でプレーしなかったのは4イニングだけだった。元々は三塁手で、マイナーでは遊撃手、二塁手を務めたが、ウィリアムズ編成本部長とデビッド・ベル監督は、今季も中堅手として考えているという。

 三塁には昨季49発のエウヘニオ・スアレス内野手、二塁には昨季35発のマイク・ムスタカス内野手がいることから、秋山が中堅を守るならば、センゼルと分け合う見通し。ウィリアムズ編成本部長は「ショウゴは左打者で、ニック(・センゼル)を補完してくれる。デビッド(ベル監督)はこの選手たちに多くのプレー時間を与える方法を見つけると思う」と語っている。

秋山の「MLBへの適応」は未知数、編成本部長は「最高の選択肢を持ちたい」

RECOMMEND

CATEGORY