野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

千賀1000奪三振へあと143、柳田は1000安打まで42本… 鷹戦士が今季達成しそうな記録は

ソフトバンクは7日にシーズンスローガン「S15(サァイコー!)」を発表した。2月1日のキャンプインに向けて、選手はそれぞれ自主トレに励んでいる。2020年シーズンに生まれそうな節目の記録を見てみよう。

ソフトバンク・千賀滉大(左)、柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・千賀滉大(左)、柳田悠岐【写真:藤浦一都】

守護神森は通算100Sへあと26、サファテは250Sまであと16

 ソフトバンクは7日にシーズンスローガン「S15(サァイコー!)」を発表した。2月1日のキャンプインに向けて、選手はそれぞれ自主トレに励んでいる。2020年シーズンに生まれそうな節目の記録を見てみよう。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨季のソフトバンクは開幕戦で松田宣浩内野手が通算1500安打を本塁打で飾ったのをはじめ、数々の節目の記録が誕生した。福岡ソフトバンクホークスとして15周年を迎える今季もさまざまな記録が期待されている。

 投手陣ではエース千賀滉大が通算1000奪三振まで残り143。昨季はパ・リーグ1位の227奪三振を記録しており、順当にいけばシーズン中盤にも達成できる計算となる。

 守護神の森唯斗は400登板まで残り47。ルーキーイヤーから6年連続で50試合以上に登板しており、森自身も登板数には強いこだわりを持っているだけに、こちらも実現可能な数字といえるだろう。さらに森は通算100セーブまで残り26セーブに迫っている。

 セーブといえば、サファテは通算250セーブまで残り16セーブ。2018年に5セーブを記録した後、股関節の手術を受けて懸命なリハビリを続けているが、ファンとしても今季こそ大きな節目達成を期待したいところだ。

 また、和田毅はNPB通算150勝まで残り20勝。同学年の松坂大輔が同じリーグに復帰したことを刺激に変えて、大台に挑んでいく。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」