野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

現役最多勝は燕石川、阪神藤川は名球会まで7セーブ 現役通算投手成績ランキング

2019年も立派な成績を残したベテラン選手たちが引退した。これによって現役選手の通算成績のランキングも変動している。2020年の現役投手の各成績の10傑を見ていこう。なお、阪神のメッセンジャーなど引退した選手に加え、今季からMLBに移籍する巨人の山口俊もランキングから外した。

阪神・藤川球児【写真:荒川祐史】
阪神・藤川球児【写真:荒川祐史】

ヤクルト五十嵐の822登板は史上7位、ヤクルト石川は200勝まで残り29勝

 2019年も立派な成績を残したベテラン選手たちが引退した。これによって現役選手の通算成績のランキングも変動している。2020年の現役投手の各成績の10傑を見ていこう。なお、阪神のメッセンジャーなど引退した選手に加え、今季からMLBに移籍する巨人の山口俊もランキングから外した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

【投手編】

○登板数
1五十嵐亮太(ヤ)822登板
2藤川球児(神)766登板
3宮西尚生(日)684登板
4青山浩二(楽)614登板
5増井浩俊(オ)518登板
6久保裕也(楽)501登板
7石川雅規(ヤ)472登板
8益田直也(ロ)472登板
9サファテ(ソ)427登板
10今村猛(広)425登板

 ヤクルトの五十嵐は史上7位。昨年と同じ45登板すれば4位の梶本隆夫に並ぶ。2位の藤川はあと34登板で史上8人目の800登板となる。

○勝利
1石川雅規(ヤ)171勝
2内海哲也(西)133勝
2涌井秀章(楽)133勝
4和田毅(ソ)130勝
5金子弌大(日)128勝
6岸孝之(楽)125勝
7松坂大輔(西)114勝
8岩隈久志(巨)107勝
9能見篤史(神)103勝
10大竹寛(巨)101勝

 ヤクルト石川は歴代41位。あと29勝は大きな数字だが、何とか名球会入りまで頑張ってほしいものだ。現役投手で、100勝以上は100勝の中田賢一(今季から阪神)を含め11人だ。

○セーブ
1藤川球児(神)241セーブ
2サファテ(ソ)234セーブ
3増井浩俊(オ)163セーブ
3山崎康晃(De)163セーブ
5松井裕樹(楽)139セーブ
6中崎翔太(広)115セーブ
7増田達至(西)103セーブ
8益田直也(ロ)88セーブ
8西野勇士(ロ)88セーブ
10田島慎二(中)75セーブ

 阪神の藤川は歴代4位、ソフトバンクのサファテは5位。藤川はMLB時代に2セーブを記録しているので、あと7セーブで名球会入りの250セーブに到達する。サファテはMLB時代にセーブは記録していないが、あと16セーブで名球会入り。ただ昨年は登板がなかっただけに微妙だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」