野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

目立った阪神の積極さ、巨人も的確 中日は苦し…12球団の補強診断【セ編】

2020年がスタートし、早くも半月ほどが経過した。各選手が自主トレを進め、2月1日のキャンプインに向けて体作りに励んでいる。キャンプまで残り半月ほどとなり、各球団の補強もほぼ終了したと言えるだろう。

巨人・原辰徳監督(左)と阪神・矢野燿大監督【写真:Getty Images、荒川祐史】
巨人・原辰徳監督(左)と阪神・矢野燿大監督【写真:Getty Images、荒川祐史】

阪神はボーアやサンズら5人の外国人を補強し助っ人8人体制に

 2020年がスタートし、早くも半月ほどが経過した。各選手が自主トレを進め、2月1日のキャンプインに向けて体作りに励んでいる。キャンプまで残り半月ほどとなり、各球団の補強もほぼ終了したと言えるだろう。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ここでは各球団が今オフに行った補強を総括。昨季の各球団の戦いぶりと照らし合わせて、オフの補強の的確さを診断してみたい。まずは、セ・リーグだ。

【巨人】評価:B
アンヘル・サンチェス投手(韓国SK)
チアゴ・ビエイラ投手(ホワイトソックス)
ヘラルド・パーラ外野手(ナショナルズ)
ナティーノ・ディプラン投手(育成)
エスタミー・ウレーニャ投手(育成)
田中豊樹投手(育成、日本ハム)
八百板卓丸外野手(育成、楽天)

 昨季は5年ぶりにセ・リーグを制した巨人。チーム打率.257はリーグ2位、663得点はリーグ1位とする一方で、チーム防御率3.77はリーグ4位と弱かった。そこに韓国で17勝をマークした先発のサンチェスと、最速103マイルを誇るリリーバーのビエイラを補強。残留するメルセデス、デラロサらと共に築く投手陣は分厚くなりそう。打線にもパーラを加え、課題を埋める補強だったのではないだろうか。

【DeNA】評価:C
マイケル・ピープルズ投手(インディアンス3A)
タイラー・オースティン内野手(ブルワーズ3A)
高城俊人捕手(オリックス)
ジョフレック・ディアス投手(育成)
フレンディー・デラロサ内野手(育成)

 昨季は2位に躍進したDeNA。2020年は1998年以来となるリーグ優勝に向けて勝負の1年となる。今永や上茶谷など若い力が育ってきているDeNA。助っ人でもロペスやソト、パットン、エスコバーら実績ある面々が在籍する中で、投手で先発候補のピープルズ、野手で大砲オースティンを獲得。昨季のチーム打率、防御率ともにリーグ5位と投打で底上げは必須。筒香がメジャーに移籍し、その穴をどう埋められるかも鍵になる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」