鷹・孫正義オーナーが大号令「4年連続日本一を」工藤監督らがオーナー報告

ソフトバンク・孫オーナー(左)を表敬訪問し、取材に応じた工藤監督【写真:編集部】
ソフトバンク・孫オーナー(左)を表敬訪問し、取材に応じた工藤監督【写真:編集部】

「素晴らしいシーズンになると大いに期待しています」

 ソフトバンクの工藤公康監督が17日、王貞治球団会長、三笠杉彦GMとともに東京・汐留のソフトバンク本社を訪れ、孫正義オーナーへのオーナー報告を行った。

 就任6年目を迎える工藤監督が今季のチーム作りや自主トレ中の選手たちの仕上がり具合、キャンプでの方針などを孫オーナーに報告。会談を終えた工藤監督が「オーナーの方からは『今年のキャンプはどうですか?』と聞かれましたので、選手たちが自主トレをしっかりやって、第1クールのメニューも選手に伝えていて、それに向けてしっかり体を作るようにしてくれているとお答えしました」と話した。

 本業で多忙を極める中で、時間を作って工藤監督らからの報告を受けた孫オーナーは「4年連続日本一という今年の大切な目標がありますから、それに向けて監督も選手の皆さんも今自主トレをしっかりやってくれている。もうすぐキャンプが始まりますので、キャンプでは素晴らしいメニューが用意されていて、それを伝えているということでしっかり仕上げてきてくれ、素晴らしいシーズンになると大いに期待しています」とコメントした。

 さらには今季期待するところを問われ「やはり怪我なくしっかりと活躍して、その結果、また日本一を取れるように、願わくばリーグ優勝含めて4年連続日本一取れればいいなと思います」と答えていた。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY