野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 稀に見る“大物”来日イヤー 巨人パーラはGG賞2度、12球団新助っ人“格付け”【セ編】

稀に見る“大物”来日イヤー 巨人パーラはGG賞2度、12球団新助っ人“格付け”【セ編】

2020年のプロ野球も、いよいよ球春到来の時が迫ってきた。12球団が一斉にキャンプインする2月1日まであと10日ほど。野球ファンにとってはワクワクする時期がやってくる。

今季から巨人に加入するヘラルド・パーラ【写真:Getty Images】
今季から巨人に加入するヘラルド・パーラ【写真:Getty Images】

巨人のパーラ、ヤクルトのエスコバーはGG賞獲得者、阪神ボーアはシーズン25発の大砲

 2020年のプロ野球も、いよいよ球春到来の時が迫ってきた。12球団が一斉にキャンプインする2月1日まであと10日ほど。野球ファンにとってはワクワクする時期がやってくる。

【PR】“2020主役は誰だ?”「キャンプキャラバン」を配信中! プロ野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 各球団の戦力編成もほぼ固まり、今季の陣容が見えてきた。今オフはロッテや楽天、阪神、巨人などが積極的な補強を見せた。そして、オリックスのアダム・ジョーンズやヤクルトのアルシデス・エスコバー、ソフトバンクのマット・ムーアら、これまで以上にMLBで実績を残してきた“大物”の入団が目立った。

 では、今季、新たにNPBにやってくる外国人たちは、これまでにMLBでどれだけの実績を残してきたのか。日本球界と米球界では全く異質なもので、MLBで実績がある選手でも期待外れに終わることもザラ。とはいえ、その実績はファンも注目するところで、期待値を測る物差しの1つとなるだろう。

 そこで各球団の新助っ人たちを、これまでの実績で“格付け”し、上位5人をピックアップ。今回はセ・リーグ編だ。

5 ホセ・ピレラ(広島)30歳
2019:14試合22打数4安1本2点 .182
MLB通算:302試合909打数234安17本82点 .257

 広島に加入するピレラは2014年にヤンキースでメジャーデビューし、その後パドレス、フィリーズへと移籍。メジャー通算302試合に出場しているが、そのハイライトは2018年だ。パドレスで主力の1人として146試合に出場した。昨季途中にフィリーズへ移籍。パドレスとフィリーズで計14試合出場に止まった。

4 タイラー・オースティン(DeNA)28歳
2019:89試合154打数29安9本24点 .188
MLB通算:209試合521打数114安33本91点 .219

 2016年にヤンキースでメジャーデビューし、昨季途中にツインズへ。昨季はツインズからジャイアンツ、さらにブルワーズへと移籍して3球団でプレーした。メジャー通算209試合に出場。昨季はジャイアンツで70試合に出場するなど、計87試合で9本塁打を放っている。

3 ジャスティン・ボーア(阪神)31歳
2019:52試合151打数26安8本26点 .172
MLB通算:559試合1714打数433安92本303点 .253

 2014年にマーリンズでメジャーデビューしたボーア。左の大砲として2015年には打率.262、23本塁打73打点、2017年には自己最高の打率.289、25本塁打83打点と活躍した。2018年途中にフィリーズへ移籍、昨季は大谷翔平投手のいるエンゼルスでプレーしたが、52試合で8本塁打にとどまった。

2 アルシデス・エスコバー(ヤクルト)33歳
2019:メジャー出場なし
MLB通算:1437試合5307打数1367安41本442点 .258

 今季来日する助っ人の中でも屈指の“大物”の1人。2008年にメジャーデビューを果たすと、守備の名手としてブルワーズ、ロイヤルズでレギュラーとして活躍した。2010年から2018年まで140試合超、2014年、2016年、2017年には全162試合に出場。2015年にはオールスターに出場し、ゴールドグラブ賞を獲得している。2017年の年俸は650万ドル(約7億1000万円)だった。

1 ヘラルド・パーラ(巨人)32歳
2019:119試合274打数64安9本48点 .234
MLB通算:1466試合4761打数1312安88本522点 .276

 セ・リーグで最も“大物”と言えるのは巨人のパーラだろう。2009年にダイヤモンドバックスでメジャーデビューを果たすと、いきなり120試合に出場。その後、ブルワーズ、オリオールズ、ロッキーズ、ジャイアンツでも主力として活躍。昨季途中に移籍したナショナルズではワールドシリーズ制覇の一員となった。2011年に左翼手、2013年に右翼手でゴールドグラブ賞を獲得。2018年には年俸1000万ドル(約11億円)の契約を結んでいた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」