元阪神助っ人が“サイン盗み”アストロズの監督候補に 新監督は2月上旬に決着か?

アストロズでコーチを務めていた経験もあるエドワード・ペレス氏【写真:Getty Images】
アストロズでコーチを務めていた経験もあるエドワード・ペレス氏【写真:Getty Images】

アストロズはヒンチ監督を解任、ペレス氏は2001年に阪神でプレーしていた

 メジャーリーグで大スキャンダルとなっているサイン盗み問題で、ジェフ・ルーノーGMとAJ・ヒンチ監督が解任されたアストロズ。新監督探しが急務となっており、元阪神のエドワード・ペレス氏が候補に挙がっている。MLB公式サイトが伝えている。

 殿堂入り一塁手のトニー・ペレス氏を父に持つペレス氏は、メジャー13年で4度の2桁本塁打を放つなど活躍。2001年には阪神でもプレーした。現役引退後は2011年からマーリンズの打撃コーチ、2013年にアストロズのベンチコーチを務め、現在はESPNのアナリストとして活動している。

 記事によると、他にはメジャー監督歴22年のダスティ・ベイカー氏、最優秀監督3回のバック・ショウォルター氏、2016年にはシーズン8度退場となったジョン・ギボンズ氏らが候補。ジム・クレイン球団オーナーは2月3日(日本時間4日)までに決めたいと考えているようだ。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY