野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 殿堂入りジーター氏、満票ならずも「気にならない」 ファンは“魔女狩り”も

殿堂入りジーター氏、満票ならずも「気にならない」 ファンは“魔女狩り”も

2020年の米国野球殿堂入り選手として、21日(日本時間22日)に元ヤンキースのデレク・ジーター氏が資格1年目で99.7%の票を集めて選出された。昨年の元ヤンキースのマリアーノ・リベラ氏に次ぐ史上2人目の満票選出には1票足りず、発表直後からファンの不満が続出していた。しかし、本人は気に留めていないようだ。

米国野球殿堂入りを果たしたデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】
米国野球殿堂入りを果たしたデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】

1票足りず史上2人目の満票逃すも「殿堂入りなんてことは頭をよぎらなかった」

 2020年の米国野球殿堂入り選手として、21日(日本時間22日)に元ヤンキースのデレク・ジーター氏が資格1年目で99.7%の票を集めて選出された。昨年の元ヤンキースのマリアーノ・リベラ氏に次ぐ史上2人目の満票選出には1票足りず、発表直後からファンの不満が続出していた。しかし、本人は気に留めていないようだ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 米メディア「USAトゥデイ」は「みんなが魔女狩りを始めようとしている」と、投票しなかった1人の記者に矛先が向かっていると指摘。実際にSNSではファンから怒りや疑問の声が上がっている。

 しかしジーター氏はこの論争を巧みに回避する。ジーター氏が「どんなことに対しても、全員が同意するということは本当に難しい。殿堂入りの選出のための投票数は本当に多いから」と大人の対応を見せている。

 2016年に殿堂入りしたケン・グリフィーJr.氏も満票選出には3票足りなかったが、「ぜんぜん気にならない」とやはり意に介さなかった。それに比べれば、ジーター氏は396票もの支持を集め、賛成しなかったのは1人だけだ。

 ジーター氏は、「気にしてないよ。私は殿堂入りできたという事実をとても誇りに思い、そのことにとても興奮しているよ」と、“満票選出”には興味がなく殿堂入りしたこと自体に敬意を表しているようだ。

 そもそもジーター氏も入団当初から花道だけを歩いてきたわけではない。記事の中では1992年にヤンキースと契約した頃には、プレッシャーからホテルのバルコニーで毎日泣いていたといい、プロ1年目にマイナーリーグで記録した56失策は、未だにサウス・アトランティックリーグの記録だという。

「初めての夏であったタンパでの1992年に、私が考えていたことは、なんとか翌年に生き残ろうということだった。殿堂入りなんてことは頭をよぎらなかった。みんなに私のことをどのように覚えて欲しいかといえば、それは、僕がヤンキースだったこと」。少なくとも、“1票足りなかったジーター”とは覚えて欲しくないはずである。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」