野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神は鳥谷の「1」、巨人は「7」 中日は唯一空きなし…12球団の「1桁背番号」事情

背番号はチームにとっても、選手にとっても代名詞といえる。一般的に1桁背番号は選手にとっても憧れの数字だが、偉大な選手が背負っていた番号として“後継者”の出現を待つことも多い。また永久欠番となっている例もある。現時点で各球団の空いている1桁番号を探ってみた。

鳥谷敬の退団により、阪神の背番号「1」は空き番となっている【写真:荒川祐史】
鳥谷敬の退団により、阪神の背番号「1」は空き番となっている【写真:荒川祐史】

ロッテは福浦の引退で「9」が空き番、準永久欠番扱いに

 背番号はチームにとっても、選手にとっても代名詞といえる。一般的に1桁背番号は選手にとっても憧れの数字だが、偉大な選手が背負っていた番号として“後継者”の出現を待つことも多い。また永久欠番となっている例もある。現時点で各球団の空いている1桁番号を探ってみた。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

【パ・リーグ】
◯西武「8」
「8」は昨季まで金子侑司がつけていたが、今季から「7」を背負うことになり空き番に。過去には渡辺直人(現楽天)、平尾博嗣、鈴木健らが背負っていた。また山川穂高は「33」から「3」に、岡田雅利は「37」から「2」に変更となる。

◯ソフトバンク「3」
 ソフトバンクは「3」が空き番。松田宣浩が18年まで着用していたが、昨季は再び入団当時の「5」に変更した。過去には佐々木誠、松中信彦らが着用していたが、今季も空き番に。

◯楽天「9」
 昨年オフにオコエ瑠偉が「9」から「4」に変更し今季は空き番に。球団創設時は鷹野史寿、2009年からは宮出隆自、阿部俊人、ラッツ、そしてドラ1入団のオコエが昨季まで着用していた。

◯ロッテ「9」
 昨季まで「9」を背負っていた福浦和也が現役引退。その他の1桁背番号は、FA移籍した福田秀平が「7」を背負い、井口監督が「6」を付けている。「9」は準永久欠番扱いとなっている。

◯日本ハム「0」
 日本ハムファンにとって「0」といえば松浦宏明を思い浮かべる人も多いのでは。88年に15勝で最多勝。1988~1994年まで背負い、その後は「11」に変更した。松浦の後は、長冨浩志(97年)古城茂幸(1998~2006年)が着用。07年以降は球団の方針として「0」は付けなくなった。王柏融が「99」から今季は「3」に変更となり、1~9は全て埋まっている。

◯オリックス「7」
 2016年オフに糸井嘉男が阪神に移籍してから空き番となっている。過去には福本豊(1972~91年)がつけるなど、俊足強打の外野手が背負ってきた。これまで「7」は助っ人が付けたことはなく、日本人選手の台頭が待たれている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」