野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

沼津から28年ぶり聖地の加藤学園 監督は地元に感謝「たくさんの力が…」

静岡県東部地区では1995年夏の韮山以来25年ぶり、沼津市では1992年夏の桐陽以来28年ぶりとなる快挙に学校中が沸いた。全校生徒がバルコニーや、窓から身を乗り出して覗く中、選手たちに胴上げされた指揮官は地元への感謝と甲子園での恩返しを誓った。

センバツ初出場を決めてナインに胴上げされる加藤学園・米山学監督【写真:編集部】
センバツ初出場を決めてナインに胴上げされる加藤学園・米山学監督【写真:編集部】

米山監督「野球に感謝。野球をする人がもっともっと増えてほしい」

 静岡県東部地区では1995年夏の韮山以来25年ぶり、沼津市では1992年夏の桐陽以来28年ぶりとなる快挙に学校中が沸いた。全校生徒がバルコニーや、窓から身を乗り出して覗く中、選手たちに胴上げされた指揮官は地元への感謝と甲子園での恩返しを誓った。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 第92回選抜高等学校野球大会の出場校を決める選考委員会が24日に行われ、出場32校が決定。東海大会ベスト4の加藤学園(静岡)が創部24年目にして春夏通じて初出場を決めた。東海大会を制した中京大中京が神宮大会で優勝したため神宮枠で選抜出場。東海大会準優勝の県岐阜商とともに選抜切符を見事に掴み取った。

 昨夏の県大会では強豪の常葉大菊川、静岡を次々と破って準優勝。昨秋の東海大会では準決勝で県岐阜商に延長戦で敗れたもののベスト4。これまでは静岡県大会4強、東海大会8強が最高だったが、一気に甲子園出場まで上り詰めた。

 そんな加藤学園を率いるのは米山学監督。「大会を通じて思ったのは、現場ではないところでのたくさんの力が作用してるんじゃないかなとすごく感じました」と地元への感謝を述べた。さらに「OBの方とか、学校とか、近隣の方とか。今日も学校の生徒とか先生がたが色々と(準備)してくれているのを見ると、応援されるチームになりたいなと思ってやっていたので、少しそうなってきたんじゃないかと思います」と手応えも感じている。

 米山監督は2013年に就任。勝つことを目指すだけでなく、「地元で魅力のある学校、部活にしたいと常々思ってます。あそこに行きたいなって思ってもらえるように取り組んでいます」との方針で率いてきた。野球部も地元出身の選手がほとんどで「野球に感謝していますので、できることは中々ないですけど、野球をする人がもっともっと増えてほしいし、やれることがあればやりたい。そんなに影響力はないですけど……。野球っていいもんだよというふうにやりたいですね」と力強く語った。

 勝又友則主将は「優勝」と高い目標を掲げた。指揮官も「それよりは足元を見て」と謙虚ながら「勢いはつけていきたいですね」と話す。長らく甲子園から遠ざかっていた地から。加藤学園が旋風を巻き起こす。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」