野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム斎藤佑先生は「ハンサムでかっこいい」 同僚・杉谷、現役教師が称賛

日本ハムの斎藤佑樹投手、杉谷拳士内野手は25日、2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震の復興イベントに参加。北海道・厚真町内の厚真中央小で特別授業を行った。

復興イベントに参加した日本ハム・斎藤佑樹【写真:編集部】
復興イベントに参加した日本ハム・斎藤佑樹【写真:編集部】

斎藤佑は北海道・厚真中央小で人生初めて先生として教壇に立った

 日本ハムの斎藤佑樹投手、杉谷拳士内野手は25日、2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震の復興イベントに参加。北海道・厚真町内の厚真中央小で特別授業を行った。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「夢教室」と題された45分間の授業で、斎藤佑は先生役として参加。小学生から「ハスカップ農家」、「観覧車の係員」、「海洋研究家」など将来の夢を聞き出した。優しい表情、身振り手振りで小学生に接し、授業後には「今の夢だけではなく、これから、いろいろな夢が出てくるかもしれない。その時に『今自分は何をしないといけないのか』を考えて、最善の行動が取れるように。いろんな人たちの話を聞いて、コミュニケーションを取って、頑張って欲しいなと思います。僕も今シーズン、ファイターズの選手として頑張りますので、皆さん夢を目指して一緒に頑張りましょう」とアドバイスを送った。

 早大教育学部出身とはいえ、教壇に立つのは初めてだったという。それでも、斎藤先生のスムーズな進行ぶりに小学校の先生は「素晴らしい先生ぶりでした」と絶賛。生徒役として授業を盛り上げた“杉谷くん”も「教壇に立ってる姿を初めて見たんですけど、『こんな先生がいたら楽しくなるんだろうな』と思いました。子供たちと目と目を合わせて真剣に話している姿が、変わらずハンサムでかっこいいなと思いました。素敵でした!」と大絶賛だった。

 特別授業後には野球教室に参加して、イベントを盛り上げた。斎藤佑は「野球教室の経験はあるんですけど、(授業は)緊張しました。みんなの夢を聞いて、たくさんの夢があるんだなと感じましたが、プロ野球選手になりたいという子がいなかった。これから野球選手を目指したいという子が増えるように、もっともっと頑張らないといけないなと思いました」と振り返った。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」