野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム斎藤佑「自分は何をしないといけないのか」現役引退後の夢と自らの使命とは

日本ハムの斎藤佑樹投手は25日、杉谷拳士内野手と共に2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震の復興イベントに参加。北海道・厚真町内の厚真中央小で人生で初めて先生として特別授業を行い、現役中や引退後の夢を語った。

小学校を訪問し特別授業を行った日本ハム・斎藤佑樹【写真:編集部】
小学校を訪問し特別授業を行った日本ハム・斎藤佑樹【写真:編集部】

日ハム斎藤佑は小学生へ生涯ファイターズを約束した「ファイターズを世界一の球団に」

 日本ハムの斎藤佑樹投手は25日、杉谷拳士内野手と共に2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震の復興イベントに参加。北海道・厚真町内の厚真中央小で人生で初めて先生として特別授業を行い、現役中や引退後の夢を語った。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

「夢」をテーマに立った初めての教壇。小学生から夢を聞き出した斎藤佑は、45分の授業の最後に自らの夢をホワイトボードに書き記した。「ファイターズが世界一の球団になること」。胸に秘める思いを切り出した。

「世界中の人たちがファイターズの試合を見たいなと思ってもらえるように。球場を最高のエンターテインメントにしたりすることも大事だと思います」

 生徒役として参加していた“杉谷くん”から「現役引退後はどういう位置で世界一にするんですか? 監督、コーチとしてですか」と厳しく質問されたが、ブレはない。「経営する側になっても、監督やコーチになっても、ファンになってもファイターズを支えていきたい。その時はみんなも力を貸してください」。“生涯ファイターズ”を宣言し、子どもたちへ応援を呼びかけた。

 一方で球界が抱える未来への危機感も感じ取った。この日の小学生の夢はハスカップ農家に海洋研究科、小説家……。一昔前まで当たり前のようにいたプロ野球選手を夢とする子はゼロだった。「たくさんの夢があるんだなと感じました。それと同時にプロ野球選手になる、という子がいなかったので。それは僕たちの仕事なのかなと……。これからもっともっと野球選手を目指したいという子が増えるように、もっと頑張らないといけない」。少年野球の人口が減少していることをヒシヒシと感じている。野球人として使命を口にした。

 特別教室後、斎藤佑は言葉を選びながら先生初授業を締めくくった。「皆さんの夢を聞いて、僕も夢を書いたんですけど、やりたいことも見えてきました。みなさんも今の夢だけでなくて、もしかしたら別の夢が出てくるかもしれない。その時に『今、自分は何をしないといけないのか』。最善の行動を取れるように、いろんな人たちの話を聞いて、コミュニケーションを取ってやってもらえたら嬉しいなと思います。僕もまずはファイターズの選手として頑張りますので、一緒に夢を目指して頑張りましょう」。自らへ言い聞かせるような語り口だった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」