野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • バーランダーのサイン盗み連想“KY発言”にサバシア激怒 米メディア「凄く怒った顔」

バーランダーのサイン盗み連想“KY発言”にサバシア激怒 米メディア「凄く怒った顔」

アストロズのジャスティン・バーランダー投手は25日(日本時間26日)、ニューヨーク市内で行われた全米野球記者協会(BBWAA)の毎年恒例の夕食会に出席。“サイン盗み”問題を想起させる軽率な発言で出席者のひんしゅくを買い、この問題を糾弾していたCC・サバシア氏との間に険悪な空気が流れたという。「NYポスト」のピーター・ボッテ記者がツイッターで伝えている。

全米野球記者協会の夕食会に出席したCC・サバシア【写真:Getty Images】
全米野球記者協会の夕食会に出席したCC・サバシア【写真:Getty Images】

アストロズは「高度なテクノロジーと分析技術を誇る」と発言、失笑を買った

 アストロズのジャスティン・バーランダー投手は25日(日本時間26日)、ニューヨーク市内で行われた全米野球記者協会(BBWAA)の毎年恒例の夕食会に出席。“サイン盗み”問題を想起させる軽率な発言で出席者のひんしゅくを買い、この問題を糾弾していたCC・サバシア氏との間に険悪な空気が流れたという。「NYポスト」のピーター・ボッテ記者がツイッターで伝えている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 メジャーリーグを揺るがす大スキャンダルとなっているアストロズの“サイン盗み”問題。エースとして2017年の世界一にも貢献したバーランダーは、この問題が明るみに出てからは沈黙を保っていた。しかし、この日の夕食会に出席するとアストロズについて「高度なテクノロジーと分析技術を誇る」とスピーチ。“サイン盗み”を想起させる発言で周囲の失笑を買っていた。

 そして、その近くにはヤンキースの元エース、CC・サバシア氏の姿が。ヤンキースは2017年ア・リーグ優勝決定シリーズでアストロズに敗れており、サバシア氏は“サイン盗み”問題を激しく糾弾していた。ボッテ記者は「CC(サバシア)が、(バーランダーから)5フィート(約1.5メートル)のところに座っているが、すごく怒った顔をしている」とリポート。一触即発の空気が流れていたようだ。

 ファンもこの発言には呆れた模様。「そりゃそうでしょう」「もし彼がバーランダーを殴ったら、彼の保釈金は僕が払うよ」「喧嘩では間違いなくCCが勝つ」「レッツゴーCC!」「キャッシュマンGMはアストロズに死球を投げるためだけにCCと契約すべき」「(バーランダーは)なんて偽善者」「アストロズが今年どれだけ打つか楽しみ」とサバシアに同情するコメントが並んでいる。

 通算225勝を誇る36歳のバーランダーと通算251勝で引退した39歳のサバシア。“サイン盗み”問題は同じ時代を戦ってきた選手たちのいさかいに発展しているようだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」