野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 筒香嘉智
  • レイズ筒香が伝えたい横浜への感謝の気持ち 「僕にとっては特別な場所です」

レイズ筒香が伝えたい横浜への感謝の気持ち 「僕にとっては特別な場所です」

横浜DeNAベイスターズからポスティングシステムを利用してタンパベイ・レイズへの移籍が決まった筒香嘉智外野手。“ハマの主砲”を卒業し、アメリカへと飛び立つ28歳スラッガーが「Full-Count」の単独インタビューに応じ、渡米前の現在の心境、新天地への思い、そして第2の故郷・横浜への思いを語った。

今季からレイズでプレーする筒香嘉智【写真:津高良和】
今季からレイズでプレーする筒香嘉智【写真:津高良和】

28歳スラッガーが単独インタで語ったレイズ選択の理由【後編】

 横浜DeNAベイスターズからポスティングシステムを利用してタンパベイ・レイズへの移籍が決まった筒香嘉智外野手。“ハマの主砲”を卒業し、アメリカへと飛び立つ28歳スラッガーが「Full-Count」の単独インタビューに応じ、渡米前の現在の心境、新天地への思い、そして第2の故郷・横浜への思いを語った。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 2回シリーズでお届けする後編では、レイズを選んだ理由、横浜への感謝などについて迫る。

 ◇ ◇ ◇

 2019年11月18日、MLB機構は全30球団に対してDeNAから筒香がポスティングされたと通知した。この日からブルージェイズ、ホワイトソックス、レイズなど複数球団が獲得に興味を示し、代理人を務めるワッサーマン・メディア・グループのジョエル・ウルフ氏に接触。12月上旬に渡米した筒香も球団との交渉に同席し、最終的に選んだのはフロリダ州タンパ近郊のセントピーターズバーグに拠点を置くレイズだった。

 メジャー30球団への正式通知から、ちょうど1か月後。12月18日に行われた入団会見では「キャッシュ監督、GMに一番最初に声をかけていただき、『勝つために君の力が必要だ』とおっしゃっていただいた」と、球団の熱意に打たれたことを明かした。特に、監督からの情熱は「レイズに来ないと、キャッシュ監督が夢に出てきそうだった」と笑わせたほど。改めて、レイズ入団の話になると「ベストの選択ができたと思っています」と胸を張った。

 とはいえ、簡単なプロセスではなかった。15歳の時、故郷の和歌山県橋本市を離れ、憧れの松坂大輔(西武)と同じ横浜高校に通う選択をしたものの、プロ野球選手になってから自分の意志で所属球団を決めるのは初めてだった。ましてや、交渉相手は日本人ではない。「分からない部分もたくさんあったので、一番はメジャーに精通している代理人のジョエルの意見を参考にしようと思いました」と振り返るが、今だから言える本音も漏れた。

「メジャー移籍を宣言してから球団が決まるまで、思ったより早かったです。でも、疲れました(笑)。普段、頭の中は野球について考える回路になっているので、いつもと違う回路を使うと疲れますね、本当に。大変でした……(笑)」

 初めての経験で、気が張っている筒香にとって「すごく話しやすい雰囲気を作って下さったり、いろいろ話をする中で気遣いをしていただいたりした」レイズは「すごくいい感触があった」という。言葉では表現しきれない「フィーリング」のようなものも「やっぱり感じるものはある。それはレイズの皆さんは良かったですね」と笑顔を見せる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」