野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武新外国人は“おめでた”ラッシュ スパンジェンバーグ「4月に妻が日本で出産」

西武の新外国人、コーリー・スパンジェンバーグ外野手(前ブルワーズ)とショーン・ノリン投手(前マリナーズ傘下)が29日、埼玉県の球団事務所で入団会見に臨んだ。

(左から)入団会見に臨んだ西武のショーン・ノリン、渡辺久信GM、コーリー・スパンジェンバーグ【写真:宮脇広久】
(左から)入団会見に臨んだ西武のショーン・ノリン、渡辺久信GM、コーリー・スパンジェンバーグ【写真:宮脇広久】

新助っ人ギャレット夫人に続き、秋山に代わる新1番候補スパンジェンバーグ夫人が4月に日本で出産する予定

 西武の新外国人、コーリー・スパンジェンバーグ外野手(前ブルワーズ)とショーン・ノリン投手(前マリナーズ傘下)が29日、埼玉県の球団事務所で入団会見に臨んだ。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 内外野どこでも守れる器用さが売り物で、メジャーに移籍した秋山に代わる1番打者候補とも目されるスパンジェンバーグ。日本で楽しみにしていることを聞かれると、「妻(ジュリー夫人)が4月9日に(第1子を)出産予定。日本で産み、子供は最初の6か月を日本で過ごすことになる」と明かした。未知の異国での出産には不安が付きまといそうなものだが、「(米国で産まれると)しばらく会えないことになるからね。日本の病院について調べて決めたよ」。身長193センチの大型左腕のノリンも「うちは出産予定はないが、東京五輪が開催されるのが楽しみ」と笑わせた。

 西武では、もう1人の新助っ人のリード・ギャレット投手(前レンジャーズ傘下)も、夫人が近日中に出産予定で、こちらは米国で出産に立ち会った後、キャンプイン後の2月5日頃に来日する見込みという。渡辺久信GMは「(ジュリー夫人は)初産? すごいね。まぁ、日本の医療技術は進んでいるんで、何の心配もないとは思いますけど」と笑顔。「スパンジェンバーグはどのポジションでも平均以上にこなせる。本人は足にも自信を持っている。ノリンは日本の野球に対応できるタイプだと思う。タイミング、テンポを変えて投げられるし、クイック、けん制もできる。非常にクレバー。予定は先発」と期待を寄せた。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」