野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム新球場、命名権契約は国内最高の5億円超え 伊藤社長「感銘を受け、ぜひ一緒に」

日本ハムは29日、札幌市内のホテルで記者会見を行い、23年春に北広島市で開業する新球場の名称が「ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコン フィールド HOKKAIDO)」に決定したと発表した。ボールパークエリア全体の名称は「HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE(北海道ボールパークFビレッジ)となる。

会見に臨んだ日本ハム・川村球団社長、日本エスコン・伊藤社長、北広島市・上野市長(左から)【写真:石川加奈子】
会見に臨んだ日本ハム・川村球団社長、日本エスコン・伊藤社長、北広島市・上野市長(左から)【写真:石川加奈子】

北広島市で開業する新球場の名称は「エスコン フィールド HOKKAIDO」

 日本ハムは29日、札幌市内のホテルで記者会見を行い、23年春に北広島市で開業する新球場の名称が「ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコン フィールド HOKKAIDO)」に決定したと発表した。ボールパークエリア全体の名称は「HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE(北海道ボールパークFビレッジ)となる。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 新球場のネーミングライツ契約を結んだのは、首都圏と近畿圏を中心に全国で不動産総合開発事業を展開する中部電力グループの株式会社日本エスコン(本社:東京都港区)。契約期間は今年1月1日から10数年に及ぶ。金額は日産スタジアムの年間4.7億円を上回る5億円以上で、国内最高額となるという。

 開業前のネーミングライツ契約は異例だが、この長期大型契約には施設命名権にとどまらず、Fビレッジにおけるまちづくりへの参画などのパートナーシップが含まれる。日本エスコンの伊藤貴俊社長は「“世界がまだ見ぬボールパーク”という言葉に感銘を受け、ぜひ一緒につくりあげたいと思いました。完成した球場に名前をつけることとは全く違う価値があります」と語った。今後、ホテルや長期滞在施設、商業施設、住居の建設などを提案していく。

 開閉式天然芝フィールドで約3万5000人を収容する新球場は、今年5月に着工予定。球場を中核とした32ヘクタールの広大な敷地を誇るFビレッジは、フェーズIからVと4年毎5段階に分けて開発し、最終的に20年をかけて完成する。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」