野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元鷹・塚田氏、球団職員でキャンプ初仕事「子どもたちの相手は楽しい」

ソフトバンクを退団し、昨季限りで現役引退した塚田正義氏が、宮崎キャンプで開かれた「公園親子でキャッチボール」に先生役として参加。小さな子どもたちを相手に笑顔でイベントを盛り上げた。

「公園親子でキャッチボール」で指導役として参加した塚田正義氏【写真:藤浦一都】
「公園親子でキャッチボール」で指導役として参加した塚田正義氏【写真:藤浦一都】

野球振興部の一員として城所氏と共に親子の運動教室の先生役「子どもたちを相手にするのは楽しい」

 ソフトバンクを退団し、昨季限りで現役引退した塚田正義氏が、宮崎キャンプで開かれた「公園親子でキャッチボール」に先生役として参加。小さな子どもたちを相手に笑顔でイベントを盛り上げた。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 キャンプ地の宮崎市生目の杜運動公園内にある南芝生広場に子どもたちの元気な声が響いていた。ソフトバンクが春季キャンプの週末に開催する「公園親子でキャッチボール」は、野球振興部が手掛ける親子の運動教室だ。

 塚田氏は同部の1年先輩となる城所龍磨氏と共に先生役を務めた。城所氏が「は~い、キャンプの頭の方なので今から12分間走やりますよ~」と笑いを誘えば、塚田氏は背番号「32」のユニホーム姿で子どもたちと一緒に準備運動代わりの駆けっこ。その後も笑顔を絶やすことなく約1時間の指導を終えた。

 塚田氏は「まだ入って1か月で慣れてないですけど、僕も2歳児の父なので子どもたちを相手にするのは楽しいです」と、新しいキャリアで輝きを見せていた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」