野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ポスト秋山は誰の手に? 愛斗、鈴木、川越、戸川、高木…西武の外野手争いが熱い

西武は秋山翔吾外野手がオフにレッズへ移籍。2014年9月6日から秋山が守り続けていた中堅のポジションが空き、外野手事情は大きく変貌を遂げようとしている。空いたセンターはもちろん、両翼にもどんな選手が起用されるのか、キャンプでの様子にも注目したい。

西武の外野定位置争いが熱い【写真:パーソル パ・リーグTV】
西武の外野定位置争いが熱い【写真:パーソル パ・リーグTV】

昨季両翼を支えた金子&木村は当確か、新助っ人スパンジェンバーグも候補

 西武は秋山翔吾外野手がオフにレッズへ移籍。2014年9月6日から秋山が守り続けていた中堅のポジションが空き、外野手事情は大きく変貌を遂げようとしている。空いたセンターはもちろん、両翼にもどんな選手が起用されるのか、キャンプでの様子にも注目したい。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 センターとして筆頭候補に挙がるのは金子侑司外野手だろう。昨季は41盗塁で自身2度目のパ・リーグ盗塁王に輝き、守ってもチームを救うファインプレーを幾度となく見せた。これまでの1軍公式戦ではセンターの経験がないが、オープン戦などでは起用されたこともある。守備力の高さも申し分なく、大きな期待を寄せられている。

 昨季、金子侑とともに外野のスタメンに多く名を連ねたのは木村文紀外野手。規定打席にはわずかに届かなかったが、自身最多の130試合に出場。2桁本塁打を達成するなどパンチ力も見せた。足の速さはもちろん、肩の強さもあり、守備の評価は高い。昨季の打率は.220と悔しい結果にはなったが、今季は好成績を残せるか。

 昨年、1軍の舞台に出てきたのは愛斗、鈴木将平、戸川大輔の3人の外野手。その中でも、愛斗と鈴木はキャンプA班スタート。まずはこの2人に注目したい。

 愛斗は3人の中で最も多い42試合に出場。守備や代走からの起用がメーンだったが、2年越しのプロ初安打を記録。今季こそレギュラー獲得に向けてアピールをしたい。鈴木は16試合に出場し、初安打と初打点、初盗塁を記録した。オフには2年連続で秋山の自主トレに参加。師匠からの教えを胸に1軍での活躍を見せたい。

 戸川は育成出身のクリーンアップ候補。昨季1軍では5月31日のロッテ戦でプロ初本塁打を記録した。2軍では91試合に出場、規定打席に到達して打率.262で44打点。キャンプはB班スタートとなったが、攻守ともにさらにレベルアップして外野手争いに食らいつきたい。

 1軍での出場が期待されるのは川越誠司外野手と高木渉外野手。川越は投手から野手転向1年目だった昨季、2軍で打率こそ.214だったが、8本塁打、34打点と存在感を見せた。今キャンプA班に抜擢された打撃センスに注目したい。高木は高卒2年目で育成から支配下登録へ。2軍で打率.256、12本塁打と結果を残し、未来のレギュラー候補へ着実に踏み出している。

 外野は外野手だけではない。外崎修汰は内野手登録ではあったが、2017年シーズンに外野に挑戦しユーティリティーとしてブレイクした。2019年はセカンドにつくことがほとんどであったが、内野手事情によっては外崎が再び外野のポジションへということもあるだろう。

 また、新外国人のコーリー・スパンジェンバーグ選手も内野手登録だが、キャンプでは外野手として参加する予定。元々外野の経験もあり、さまざまな起用が可能といわれている。貴重な即戦力として期待したい。

 キャンプでアピールに成功し、次なる“センター”となる選手は誰になるのか、そして、新たなレギュラーの座をつかむのは一体誰なのか。西武の熱い外野手争いから目が離せない。

(「パ・リーグ インサイト」丹羽海凪)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」