野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2013&14年の最優秀中継ぎはオリ広報 佐藤達也氏「選手のやりやすい環境作りを」

オリックスの宮崎キャンプも順調に滑り出した。天候に恵まれ、選手の仕上がりも早い。早くもブルペンでは、若手投手がキャッチャーミットにいい音を響かせている。ブルペンと、メーングラウンドのベンチサイドを忙しそうに往復しているのが広報部の佐藤達也氏だ。

現在はオリックス広報部に所属している佐藤達也氏【写真:広尾晃】
現在はオリックス広報部に所属している佐藤達也氏【写真:広尾晃】

佐藤達也氏は2018年限りで現役引退、19年に球団広報部に配属された

 オリックスの宮崎キャンプも順調に滑り出した。天候に恵まれ、選手の仕上がりも早い。早くもブルペンでは、若手投手がキャッチャーミットにいい音を響かせている。ブルペンと、メーングラウンドのベンチサイドを忙しそうに往復しているのが広報部の佐藤達也氏だ。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 埼玉県立大宮武蔵野高校、北海道東海大学、Hondaを経て、2011年ドラフト3位でオリックス入団した。セットアッパーとして活躍し、通算109ホールド。2013年、14年と2年連続で最優秀中継ぎ投手のタイトルを手にした。2018年限りで引退し、2019年に広報部に配属された。

「大学、社会人を経て26歳でのプロ入りでした。現役は7年間。そんなに長くなかったけど、中身の濃い選手生活だったと思います。いいところで使っていただいたのがありがたかったですね」

 引退時に球団から、広報の仕事のオファーがあった。「選手の身近にいる仕事ですし、現役中からどんな仕事かも大体わかっていたので、やろうと思いました」。

 社会人野球出身だが、一般社会とのつながりはそれほど多くなかった。「Honda時代は工場勤務だったので、名刺交換をするような経験はあまりありませんでした。ただ、プロ入り後、メディアとの付き合いはありましたので、顔も覚えていただいたので、入りやすくはありました」。

 シーズン中も春季キャンプ中も広報の仕事は基本的に変わらない。選手とメディアを取り持つ仕事だ。「シーズン中は1軍に帯同しています。メディアからの取材の依頼を取り持ったり、記者会見の準備をしたり、ファンの方へのアピールなんかもやります。メディア向けに選手のコメントを伝えたりもします。春季キャンプ中は、例えばテレビメディアの依頼を受けて、選手と打ち合わせをしたりします。選手は練習のためにキャンプに来ています。忙しい中でできるだけ効率的に取材対応ができるように考えています」。

 キャンプではファンとの距離感が近い。ファンサービスについては気を遣うことも多い。「オリックスのファンはマナーが良い方が多いです。選手もファンサービスについてよく理解しているので、大きな問題は起きていませんが、それでもキャンプでは選手は野球が一番ですから、“選手を守る”という意識はありますね。基本的にファンの皆さんも選手も信頼しています」。

 広報として2シーズン目の春だ。「まだ新人みたいなものですが、今年はぜひ優勝してほしい。広報の仕事は試合に直結しませんが、選手がやりやすい環境を作ることで、チームの勝利に少しでも貢献したいですね。今シーズン末には、ファンや選手と一緒に喜び合いたいと思います」。

(広尾晃 / Koh Hiroo)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」