野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田獲得のツインズは大型トレードの「勝者」 米メディア「2020年にインパクト」

前田獲得のツインズは大型トレードの「勝者」 米メディア「2020年にインパクト」

ドジャースの前田健太投手が4日(日本時間5日)、ツインズに移籍すると複数の米メディアが伝えた。レッドソックスのムーキー・ベッツ外野手、デビッド・プライス投手らビッグネームが絡む大型の三角トレードになると見られている。米メディア「CBSスポーツ」がこのトレードでの「勝者」と「敗者」を格付け。前田を獲得したツインズは「勝者」と評価された。

ドジャースからツインズへの移籍が報じられている前田健太【写真:Getty Images】
ドジャースからツインズへの移籍が報じられている前田健太【写真:Getty Images】

前田は「大変手頃な契約を2023年まで残す実績のある平均的な先発投手」

 ドジャースの前田健太投手が4日(日本時間5日)、ツインズに移籍すると複数の米メディアが伝えた。レッドソックスのムーキー・ベッツ外野手、デビッド・プライス投手らビッグネームが絡む大型の三角トレードになると見られている。米メディア「CBSスポーツ」がこのトレードでの「勝者」と「敗者」を格付け。前田を獲得したツインズは「勝者」と評価された。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 複数の米メディアによると、ドジャースはレッドソックスから2018年MVPベッツ、2012年サイ・ヤング賞左腕プライスに加え金銭、レッドソックスはドジャースから23歳のアレックス・ベルドゥーゴ外野手、ツインズから21歳右腕ブラスダー・グラテロル投手を獲得。そしてツインズはドジャースから前田を獲得する大型三角トレードとなる。

「CBSスポーツ」はこのトレードの「勝者」と「敗者」を格付け。ツインズについては「グラテロルをトレード要員としてマエダを獲得した。彼は大変手頃な契約を2023年まで残す実績のある平均的な先発投手である。ツインズは今勝つことを目指しており、マエダはそれに貢献する」と前田獲得を評価し、「勝者」と結論づけている。

 さらに、「グラテロルがMLBレベルに到達するまで待つ必要はない。ツインズはマエダが先発(救援も)でき、2020年にインパクトを与えると分かっている。才能はあるが欠点もあるプロスペクトを安定したメジャーリーグの先発投手と交換して大きなニーズを満たしたツインズの動きは素晴らしい」と指摘。今回のトレードは今季のツインズにとって必要なピースを満たすものであったとしている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」