野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武金子が「1番・中堅」を秋山から引き継ぐため…球団関係者指摘「とにかく出塁率」

西武の“不動の1番センター”だった秋山翔吾外野手が米大リーグ・レッズに移籍した。空いたスポットをそのまま受け継ぐと期待されているのが、球界きってのイケメンでもある金子侑司外野手だ。チームのリーグ3連覇の成否がかかっているといっても過言ではない。

今季はリードオフマンの座を確保することが期待される西武・金子侑司【写真:荒川祐史】
今季はリードオフマンの座を確保することが期待される西武・金子侑司【写真:荒川祐史】

金子は「もともと右投げ右打ち」、コーチ指摘「“作った”左打席は少し不器用」

 西武の“不動の1番センター”だった秋山翔吾外野手が米大リーグ・レッズに移籍した。空いたスポットをそのまま受け継ぐと期待されているのが、球界きってのイケメンでもある金子侑司外野手だ。チームのリーグ3連覇の成否がかかっているといっても過言ではない。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 西武のキャンプ地の宮崎・南郷に細かい雨が降り続いた7日、室内練習場で一心不乱にバットを振る金子の姿を、周囲が遠巻きに見つめていた。スイッチヒッターの金子は、打撃マシンの後方に細長い棒を立て、「左右の打席で1度ずつ、打球が当たるまでやめない」と決めて打ち始めた。右打席では簡単に当てたが、左打席で一向に当たらず、クリアするのになんと1時間半もかかってしまった。

 レッズに移籍した先輩の秋山もよく取り入れていた練習。金子は「バットコントロールの精度を上げるための練習ですが、まあ、運もあるので」と苦笑いを浮かべた。

 一方、阿部真宏打撃コーチは「金子はもともと右投げ右打ちですから、“作った”左打席の方が少し不器用」と指摘。「ウチには現役時代に両打ちだった赤田(将吾)打撃コーチがいるし、もっといえば松井稼頭央2軍監督もいる。大いに相談して勉強してほしい」という。

 特に金子は今季から、松井2軍監督が現役時代につけた背番号7を継承している。「中学時代からスイッチヒッターだった」という金子にとって、プロ入り後に左打ちを始め、日米通算2705安打を量産するまでに至った松井2軍監督の経験から得るものは大きいだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」