野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “潔白”主張のアストロズ前GM、実はサイン盗みに“関与”!? 「選手主導に疑い」

“潔白”主張のアストロズ前GM、実はサイン盗みに“関与”!? 「選手主導に疑い」

メジャーリーグを揺るがせているアストロズのサイン盗み問題で、関与を否定していたジェフ・ルーノー前GMが実は“不正”に関わっていた可能性があると米メディアが報じた。

サイン盗み騒動の影響でアストロズGMを解任となったジェフ・ルーノー氏【写真:Getty Images】
サイン盗み騒動の影響でアストロズGMを解任となったジェフ・ルーノー氏【写真:Getty Images】

声明で「私は欺いていない」と主張も…サインを解読できるアプリの提案を受けていた!?

 メジャーリーグを揺るがせているアストロズのサイン盗み問題で、関与を否定していたジェフ・ルーノー前GMが実は“不正”に関わっていた可能性があると米メディアが報じた。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 米メディア「ブリーチャーレポート」は、「ウォール・ストリート・ジャーナルがサイン盗みスキャンダルにおけるアストロズの“コードブレーカー”使用を詳報」とのタイトルで記事を掲載。米経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」のジャレット・ダイヤモンド記者が書いた記事の内容を紹介する形で、同GMの“関与”について伝えている。

 アストロズは、チームぐるみでサイン盗みを行っていたとして、ジェフ・ルーノー前GMとAJ・ヒンチ前監督がMLB機構から1年間の報酬なしの停職、球団には2020年と2021年のドラフト1巡目と2巡目の指名権剥奪と罰金500万ドル(約5億4860万円)という処分をMLBから科された。これを受けて、チームはルーノー前GMとヒンチ前監督を解雇。だが、ルーノー氏は直後に出した声明で、チームのGMとしての責任は認めたものの、「私は欺いていません。ルール違反があったことを把握していませんでした。コミッショナーの声明にあったように、私はこのルール違反を指示していませんし、携わっていません」と関与を否定。「このようなルール違反について知らされなかったことを大変残念に思っています。そうであれば止めていました」とも明かしていた。

 ただ、「ウォール・ストリート・ジャーナル」の記事はこの主張に疑いの目を向ける内容だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」