野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「肩が頭抜けているわけじゃない」鷹・城島氏が見た“甲斐キャノン”の本当の凄さとは?

3年ぶりのリーグ制覇と4年連続の日本一を狙うソフトバンク。その正捕手といえば、侍ジャパンの一員にも名を連ねる甲斐拓也捕手である。2018年の日本シリーズで“甲斐キャノン”として一斉を風靡した男である。

ソフトバンク・城島健司氏(左)からアドバイスを受ける甲斐拓也【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・城島健司氏(左)からアドバイスを受ける甲斐拓也【写真:福谷佑介】

城島氏は甲斐のスローイングの正確さを評価「胸から上に1球も行っていない」

 3年ぶりのリーグ制覇と4年連続の日本一を狙うソフトバンク。その正捕手といえば、侍ジャパンの一員にも名を連ねる甲斐拓也捕手である。2018年の日本シリーズで“甲斐キャノン”として一斉を風靡した男である。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 そのソフトバンクの春季キャンプで大きな注目となり、話題を振りまいているのが会長付き特別アドバイザーとしてホークスに復帰した城島健司氏だ。2005年までホークスの正捕手として君臨し、15年ぶりに復帰するとキャンプ中から選手たちに様々なアドバイスを送っている姿が印象的だ。

 その城島氏が甲斐の最大の武器であるスローイングを絶賛していた。

 宮崎キャンプ第2クール3日目となった8日のこと。キャンプ初のシート打撃が終わると、捕手陣が特守としてスローイング練習を行なっていた。サブグラウンドで行われたこの練習を城島氏が見つめていた。その目前で甲斐は次々と“甲斐キャノン”を発動させていた。

 城島アドバイザーはこの日の練習後、甲斐のスローイングについて、こう評価した。「ホークスにとって、甲斐の肩、これは守りの上で最大の武器として戦っていけるなと思いました。それくらいレベルの高いスローイングを見ました」。まさに「絶賛」であった。

 甲斐のスローイングの良さは知られたところである。ただ、そこは、球界トップの捕手として活躍してきた城島アドバイザーである。甲斐のスローイングの凄さを見出すポイントが違う。甲斐のスローイングといえば、強肩やステップの速さ、そしてポップタイムの速さなどがクローズアップされる。城島アドバイザーが「甲斐のスローイングの凄さ」を見たというのは、そこではなかった。

「皆さんは肩が強いとか、いい球が行っているというのを見てると思うんですけど、肩が強いキャッチャーっていっぱいいます。プロに来ているレベルなんで、甲斐の肩だけが頭抜けているとは思わないです。今日、皆さん見ていて、甲斐が何球投げたか分からないですけど、胸から上に1球も行っていないんですよ」

 城島アドバイザーが甲斐のスローイングの最大の長所として挙げたのは、そのスローイングの正確性。受け手の胸よりも下にボールを次々と投げ込んでいくところに目を細めた。

 そして、それには計り知れない難しさがある。捕手だからこそ分かるポイントだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」