野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム宇佐見が狙う正捕手の座 大田から打撃の神髄、バットは西武森タイプ「変わるため」

日本ハムの宇佐見真吾捕手が12日、沖縄・名護で2日連続の居残りロングティーを敢行した。

日本ハム【写真:石川加奈子】
日本ハム【写真:石川加奈子】

キャンプでは2日連続で居残りロングティーを行う「やらないと損なので」

 日本ハムの宇佐見真吾捕手が12日、沖縄・名護で2日連続の居残りロングティーを敢行した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 正捕手獲りへ、巨人から移籍2年目の26歳がバットを振りまくっている。「去年、バッティングを期待されてトレードで獲ってもらったのに、2割に届かなかった(打率.198)。そこは課題。存分にできる環境があるので、やらないと損なのでやってます」と疲れも見せず、さわやかに笑った。

 球場にナイター照明を点灯してもらい、たった一人、右翼に向けて次々ときれいな打球を上げた。狙いは、打球を飛ばす際の体の使い方とスイング軌道の確認。時折柵越えもあるが、柵越えは狙っていないという。「低いライナーで、きれいな回転で真っすぐに飛ばすという意識でやっています」と話す。

 先にロングティーを取り入れた大田泰示外野手からポイントを教わり、今キャンプから積極的に取り組んでいる。「練習して体に覚え込ませて、その再現性を高めるという作業」と黙々と繰り返す。11日には、矢野謙次外野守備コーチ兼打撃コーチ補佐と撮影した動画を何度も確認した。「キャッチャーとしてこういうスイングはどこが弱点だと思う? じゃあ、どう直す? という話をしていました」と宇佐見。捕手目線で自分のスイングを分析して、完成度を高めている。

 新バットも馴染んできた。昨秋のフェニックス・リーグから西武・森のバットを使っている。本人と直接交流はないが「いいバッターが使っているバットなので」とメーカーの担当者に頼んで在庫を1本もらった。それまで使っていたものより1センチ短い85センチの新バットは「振っている感じも、打球も、今までにない感じがした。変わるためにいいかなと思いました」と捕手として史上4人目の首位打者に輝いた森モデルの導入を決めた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」