野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

小笠原ヘッドの指導で打撃開眼!? 日本ハム石井が右越え弾「少しずついい感覚に」

日本ハムの石井一成内野手が13日、沖縄・名護で楽天と練習試合で右越えソロ本塁打を放った。今季対外試合チーム第1号が飛び出したのは0―2で迎えた9回。楽天の左腕・渡辺の内角高め直球を完ぺきに捉えた。

日本ハム・石井一成【写真:石川加奈子】
日本ハム・石井一成【写真:石川加奈子】

石井は楽天との練習試合で左腕渡辺から本塁打を放った

 日本ハムの石井一成内野手が13日、沖縄・名護で楽天と練習試合で右越えソロ本塁打を放った。今季対外試合チーム第1号が飛び出したのは0―2で迎えた9回。楽天の左腕・渡辺の内角高め直球を完ぺきに捉えた。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「1ボールだったので、真っすぐに狙い球を絞って打ちにいきました。久しぶりにホームランを打ったのでうれしかったです」

 ショートのレギュラー獲りへ勝負をかける今季、新たな出会いが成長を加速させている。昨秋のキャンプから指導にあたる小笠原道大ヘッドコーチ兼打撃コーチの存在だ。「小笠原さんに教えていただいていることは少しずつ自分の中に取り入れてできていると思うので、これを継続して、さらに良くなるようにしていきたいです」と手応えを口にする。

 具体的には軸足の使い方と体重移動の意識が変わった。「ただ左に乗せてから前に行くのではなくて、軸足に乗せたものを我慢しながらボールに入っていくという動きができていなかった。少しずついい感覚になっているかなと思います」と語る。

 下半身に粘りが生まれることによって、速いボールにも打ち負けず、緩いボールも拾っていけるという。「打席の中で少しずつ自分のリズムで待てているかなと思います」と自分のものにし始めている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」