野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハムの新たな施策は“平日デーゲーム” 新球場の集客に向けたマーケティング

日本ハムの今季日程を手帳に書き込んでいる時、思わず手が止まった。本拠地開催の中に、例年とは異なる開始時間の試合が組み込まれていたからだ。

日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】

今シーズンは札幌ドームで平日のデーゲームが開催

 日本ハムの今季日程を手帳に書き込んでいる時、思わず手が止まった。本拠地開催の中に、例年とは異なる開始時間の試合が組み込まれていたからだ。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 例えば、3月26日の楽天戦は金曜日なのに午後1時開始。9月17日オリックス戦は木曜日なのに午後2時開始だ。平日のデーゲームが2試合もある。過去の札幌ドームの公式戦では記憶にない。

 2004年に北海道へ移転した当初は「北海道には仕事が終わった後にスポーツを見に行く文化がない」などと心配されたが、チームは着実に地域に根付き“ナイターを見る文化”も定着した。なのに、なぜ今、デーゲームなのか。

 そこには2023年に北広島市で開業する新球場「エスコンフィールド北海道」と関係があった。新球場は札幌駅から快速エアポートで16分の北広島駅から1.5キロほどの距離にある。仕事帰りにちょっと寄るというのは難しいという人もいれば、せっかく行くなら新しいボールパークをゆっくり堪能したいという人もいるだろう。

 新球場を運営する「株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメント」の前沢賢取締役事業統轄本部長は、新球場の集客マーケティングを兼ねた試みであることを教えてくれた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」