野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ア軍コレア、サイン盗み謝罪も電子機器使用は「100%」否定 首謀者ベルトランを“擁護”

ア軍コレア、サイン盗み謝罪も電子機器使用は「100%」否定 首謀者ベルトランを“擁護”

3人の監督が解任されるなどメジャー史上最大のスキャンダルとなったサイン盗み。事の発端となったアストロズは13日(日本時間14日)、フロリダのスプリングトレーニング施設で謝罪会見を行った。カルロス・コレア内野手は電子機器の使用について「誰も使用していなかった。100%確信しています」と断言した。地元紙「ヒューストン・クロニクル」が伝えている。

アストロズのカルロス・コレア【写真:Getty Images】
アストロズのカルロス・コレア【写真:Getty Images】

スプリングトレーニング施設で謝罪会見「弁解の余地はありません」

 3人の監督が解任されるなどメジャー史上最大のスキャンダルとなったサイン盗み。事の発端となったアストロズは13日(日本時間14日)、フロリダのスプリングトレーニング施設で謝罪会見を行った。カルロス・コレア内野手は電子機器の使用について「誰も使用していなかった。100%確信しています」と断言した。地元紙「ヒューストン・クロニクル」が伝えている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ジム・クレイン球団オーナー、ホセ・アルトゥーベ、アレックス・ブレグマン、そしてダスティ・ベイカー新監督らが謝罪会見に出席。ファンに向け謝罪を行う中、コレアも「弁解の余地はありません。2017年にしてしまったことは私たちの犯した間違いでした。私たちは本当に申し訳なく思っています」とコメント。

 サイン盗みは2017年、18年の2年間行われていたことが証明されているが「他球団の選手たちのキャリアに影響を及ぼし、試合にも何らかの形で影響を与えてしまいました。思い返してみると、とにかく酷いことでした」と謝罪の言葉を口にした。

 また、電子機器のユニホームに忍ばせて相手のサインを盗んでいたことについては「それは嘘です。誰も使用してはいなかった。チームとして100%確信しています」と断言した。

 サイン盗みの首謀者とされ、メッツ監督を解任となっていたカルロス・ベルトラン氏については「彼は最高のチームメイトでした。ベルトランは間違いなくクラブハウスの中のリーダー。彼の発言、そして私たちの行いがどんなものであれ、チームとして止めるチャンスがあった。だが、私たちはそうしなかったのです」と語っていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」