野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

突然の戦力外通告も「チャンス」 21歳で現役引退した元ロッテ島孝明の決断

3月の開幕に向けて、各チームともキャンプ地で動き出した。昨年まではキャンプで汗を流していた選手の中には、野球と決別し、新たな人生へと進みだした男もいる。昨年限り、21歳の若さで現役を引退した元ロッテの島孝明投手がFull-Countのインタビューに応じた。現在は大学進学を目指し、受験勉強中だ。

21歳の若さで現役引退を決意した元ロッテ・島孝明さん【写真:編集部】
21歳の若さで現役引退を決意した元ロッテ・島孝明さん【写真:編集部】

インタビュー前編 今は大学入学を目指して受験勉強中、国際関係の仕事に就くのが夢

 3月の開幕に向けて、各チームともキャンプ地で動き出した。昨年まではキャンプで汗を流していた選手の中には、野球と決別し、新たな人生へと進みだした男もいる。昨年限り、21歳の若さで現役を引退した元ロッテの島孝明投手がFull-Countのインタビューに応じた。現在は大学進学を目指し、受験勉強中だ。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 島は150キロの直球を武器に、千葉・東海大市原望洋から2016年ドラフト会議でロッテに3位指名を受け、入団。高校時代は侍ジャパンにも選ばれた逸材で将来を期待された。しかし、けがなどに苦しみ、1軍登板はなし。昨シーズン後、育成契約を打診されたが、現役引退を決意した。

――現役生活お疲れ様でした。引退後から今はどのように過ごしているのですか?

「目指している大学進学に向けて、ゼロから情報を集めなくてはいけないので、思ったより忙しいです。(2019年12月15日に)寮を出たんですけど、その前日に初めての大学受験でした。終わって、その夜中にロッカーを片付けて、浸る暇もなく…何も考えられなかったですね。ただ、やっと一区切りついたのですっきりしたところはあります。環境の面でももう寮に居られないので、新しいスタートだなと寮を出ました」

――初めての大学受験はどうでしたか?

「昨年11月下旬に準備を初めて、願書を出すのがすごくギリギリになってしまいました。締め切りの前日に高校に調査書を取りに行って、そのまま出すプランだったんです。でも、志望理由書とか、いっぱい失敗してしまって、早く出さなきゃいけないし、あの日はパニックになっていました」

――その最中に、球団から引退発表でしたね。

「自分でもSNSで投稿しましたが、いっぱいコメントがあって、いろんな人が注目していてくれたんだなと改めて感じました。台湾で写真を撮ったファンの方がコメントをくれて、日本だけではなく台湾にもファンの方がいてくれたのが嬉しかったですね。ただ、育成契約をもらっていたのでみんな驚いてた感じでしたね。それでも、次のステージでも頑張ってというメッセージを多くもらいました」

――戦力外を言われたのはいつ頃でしたか?

「昨年10月3日か4日ぐらいでした。でも宮崎フェニックスリーグには行くことが決まっていたので、行きながら考えたり相談したりしていました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」