野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 山口俊
  • 山口俊、柳賢振と志願のキャッチボールで得たもの 「こういうボールが…」

山口俊、柳賢振と志願のキャッチボールで得たもの 「こういうボールが…」

キャンプ3日目を迎えたブルージェイズの山口俊投手は、初のブルペン投球から一夜明けた15日(日本時間16日)、守備や牽制の練習で軽めの調整。米球界屈指の韓国人左腕、柳賢振とのキャッチボールを願い出てボールの軌道を確かめるなど、短い時間を有効活用した。

柳を相手にキャッチボールを行う背番号「1」のブルージェイズ・山口俊【写真:木崎英夫】
柳を相手にキャッチボールを行う背番号「1」のブルージェイズ・山口俊【写真:木崎英夫】

昨季14勝を挙げた柳賢振、山口は「僕からです」と志願のキャッチボール

 キャンプ3日目を迎えたブルージェイズの山口俊投手は、初のブルペン投球から一夜明けた15日(日本時間16日)、守備や牽制の練習で軽めの調整。米球界屈指の韓国人左腕、柳賢振とのキャッチボールを願い出てボールの軌道を確かめるなど、短い時間を有効活用した。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 今季からブルージェイズに移籍した国民的なスターを追う韓国メディアが一斉にカメラのシャッターを切った。背番号「1」の山口と「99」の柳が距離を約40メートルまで伸ばし肩を解すと、距離を詰め変化球を織り交ぜた。

「僕からです」。申し出たのは山口だった。

「キャッチボールの中でもどういう軌道のボールを投げているのかとか。あれだけ実績のある選手のボールを自分で受けてみたいなっていうのがあったので」

 ボールが音を立ててグラブに収まると山口はうなずいた。昨季の球宴でアジア出身の投手では野茂英雄以来、韓国人投手としては初の先発を務めた左腕は14勝を挙げ2.32の防御率でタイトルを獲得。山口は裸眼でその凄さを確かめたかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」