野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・松田宣、球界の若手に猛ゲキ「プロになれただけで満足している選手が多い」

プロ15年目を迎えたソフトバンク・松田宣浩内野手への独占インタビュー第2弾。いまや他球団の若手からも慕われる存在で、昨年12月には日本プロ野球選手会の新理事長にも選任された。そして、今夏の東京五輪には金メダル獲得へ不退転の覚悟で臨む。キャンプ前に応えたインタビューで思いを紹介する。

ソフトバンク・松田宣浩【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・松田宣浩【写真:荒川祐史】

独占インタビュー・下、侍ジャパンでのハチマキ&ゲキは「僕がこれまでやってきた野球そのもの」

 プロ15年目を迎えたソフトバンク・松田宣浩内野手への独占インタビュー第2弾。いまや他球団の若手からも慕われる存在で、昨年12月には日本プロ野球選手会の新理事長にも選任された。そして、今夏の東京五輪には金メダル獲得へ不退転の覚悟で臨む。キャンプ前に応えたインタビューで思いを紹介する。

──最近6年で5度日本一に輝いているソフトバンクにあって、危機感や、いまどきの若手に物足りなさを感じるところは?

「ひとこと言いたいのは、最近、ポスト内川さんとか、ポスト松田という言葉を聞きますが、プロはアマチュアと違って、僕と内川さんが年を取ったからといって卒業していくわけではない。実力社会、数字社会だぞと」

──ポジションは簡単に譲らないと。

「1度身に着けた技術や経験は、なかなか離れていかない。僕も若いときには、必死に先輩の背中をみて頑張ってきました。今の若い選手にもそういう気持ちでやってほしいなと思います」

──ところで、1月26日放送のTBS系「サンデーモーニング」に生出演した際には、「侍ジャパンには熱さと明るさと元気が必要なんで、僕が必要だと思います」と発言していた。

「五輪には出たことがなく(WBCとプレミア12には2度ずつ出場)、最初で最後(のチャンス)。もし、(昨年11月の)プレミア12で稲葉ジャパンに呼ばれていなかったら、(代表に選ばれる)可能性はゼロだったと思うんです。たまたま呼んでいただいて、世界一にもなれたので、ゼロではなくなったと思う。だとすれば、選ばれたいし、狙わなければいけないと思います」

──プレミア12の韓国との決勝戦では、スタメンから外れ出番もなかったが、試合開始直前の円陣の真ん中で、日の丸と『必勝』の文字が描かれたハチマキを巻き、侍ナインにゲキを飛ばした。

「あれが、僕がこれまでやってきた野球そのものです。もちろん打って活躍したい思いもありますが、自分が目立っても目立たなくても、チームのピースでありたい」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」