野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー氏の純資産はMLB3位の約198億円! 米メディアが算出、1位はAロッド

イチロー氏の純資産はMLB3位の約198億円! 米メディアが算出、1位はAロッド

2017年にマーリンズを買収し、最高経営責任者(CEO)に就いた元ヤンキースのデレク・ジーター氏のように、MLBはしばしば莫大な財をなすスターを輩出する。米デジタルラジオ局の「ラジオ.com」は2020年現在、最もリッチなMLBプレーヤートップ10を純資産順にランク付けした。その3位にはイチロー氏がランクインしている。

マリナーズ会長付き特別補佐兼インストラクターを務めているイチロー氏【写真:Getty Images】
マリナーズ会長付き特別補佐兼インストラクターを務めているイチロー氏【写真:Getty Images】

米ラジオ局「ラジオ.com」が算出、イチロー氏は「野球界で最大の国際的スター」

 2017年にマーリンズを買収し、最高経営責任者(CEO)に就いた元ヤンキースのデレク・ジーター氏のように、MLBはしばしば莫大な財をなすスターを輩出する。米デジタルラジオ局の「ラジオ.com」は2020年現在、最もリッチなMLBプレーヤートップ10を純資産順にランク付けした。その3位にはイチロー氏がランクインしている。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 昨年春にはエンゼルスのマイク・トラウト外野手が史上最高の12年総額4億3200万ドル(約482億円)の超大型契約を結んだほか、このオフにヤンキースに移籍したゲリット・コール投手は9年総額3億2400万ドル(約352億3300万円)で投手最高額を更新するなど、近年のMLBは莫大な金額での契約が多い。しかし、それはまだ手にした額ではないと指摘。今回のランキングは大型契約を完了し、企業との契約や自身のビジネス等、長期にわたって富を蓄積してきた選手たちが並んでいる。

 イチロー氏は記事の中で、純資産1億8000万ドル(約198億円)と推定されている。記事は「恐らく、イチローは野球界で最大の国際的なスターだろう」と功績を称えている。そして、「アメリカでも企業契約はあるが、イチローは日本のスターで、自国の商品の企業広告の契約がいくつもあり、それが彼に更なる富を与えた」と伝えている。

 2位は純資産1億8500万ドル(約203億57000万円)のデレク・ジーター氏。1位は現在経営者としても知られるアレックス・ロドリゲス氏で、純資産3億5000万ドル(約385億1000万円)と伝えられた。米紙「ニューヨーク・ポスト」はロドリゲス氏がメッツ買収を検討していると報じたが、不思議なことではないのかもしれない。

 以下、「ラジオ.com」が発表したトップ10の詳細。

10位 マニー・ラミレス 純資産:1億1000万ドル(約121億円)
10位 ジョーイ・ボット 純資産:1億1000万ドル(約121億円)
10位 チッパー・ジョーンズ 純資産:1億1000万ドル(約121億円)
7位 ライアン・ハワード 純資産:1億2000万ドル(約132億円)
7位 ザック・グリンキー 純資産:1億2000万ドル(約132億円)
5位 ミゲル・カブレラ 純資産:1億2500万ドル(約137億5000万円)
4位 アルバート・プホルス 純資産:1億7000万ドル(約187億600万円)
3位 イチロー・スズキ 純資産:1億8000万ドル(約198億円)
2位 デレク・ジーター 純資産:1億8500万ドル (約203億57000万円)
1位 アレックス・ロドリゲス 純資産:3億5000万ドル(約385億1000万円)

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」