野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテドラ1佐々木朗、初めて捕手座らせ23球! ブルペンは報道陣シャットアウト

最速163キロを誇るロッテのドラフト1位ルーキー・佐々木朗希投手が23日、キャンプイン以降5度目のブルペン入り。初めて捕手を座らせ、23球を投じた。西武との練習試合(高知・春野)前、敵地の鉄板で囲まれた仮設ブルペンで行われたが、スペースが手狭なため、評論家以外の報道陣に立ち入り禁止の措置が取られた。

キャンプイン以降5度目のブルペン入りしたロッテ・佐々木朗希【写真:宮脇広久】
キャンプイン以降5度目のブルペン入りしたロッテ・佐々木朗希【写真:宮脇広久】

過去4度のブルペンでは捕手を立たせたまま

 最速163キロを誇るロッテのドラフト1位ルーキー・佐々木朗希投手が23日、キャンプイン以降5度目のブルペン入り。初めて捕手を座らせ、23球を投じた。西武との練習試合(高知・春野)前、敵地の鉄板で囲まれた仮設ブルペンで行われたが、スペースが手狭なため、評論家以外の報道陣に立ち入り禁止の措置が取られた。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ブルペン横の小高い丘の上から観察したところ、捕手がホームベース上に座り、やや短い距離だったようだが、また1つ調整のステップを上がったのは間違いない。

 佐々木のブルペン入りは、20日に沖縄・恩納村の赤間ボールパークで行って以来3日ぶり。過去4度はいずれも捕手を立たせた状態だけで行われてきた。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」