野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス、OP戦初戦で投手陣大炎上 荒西、山崎福が5回までに11被安打で9失点

オリックスは23日、宮崎市のSOKKENスタジアムでソフトバンクと今季初のオープン戦を戦った。序盤から投手陣が炎上、5回までに9失点を喫している。

ソフトバンクとのOP戦に登板したオリックス・荒西祐大【写真:福谷佑介】
ソフトバンクとのOP戦に登板したオリックス・荒西祐大【写真:福谷佑介】

先発の荒西は3回に5連打などで5点を失い、2番手の山崎福も2イニング目の5回に4失点

■オリックス – ソフトバンク(オープン戦・23日・SOKKEN)

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オリックスは23日、宮崎市のSOKKENスタジアムでソフトバンクと今季初のオープン戦を戦った。序盤から投手陣が炎上、5回までに9失点を喫している。

 先発の荒西は初回、2回と無失点に封じたが、3回につかまった。先頭のリチャード、続く栗原に連打を浴びると、周東に3ランを被弾。さらに今宮、上林に連打を浴びるなど、5連打を許してこの回5安打で大量5失点を喫してマウンドを降りた。

 2番手の山崎福は2イニング目となった5回につかまった。先頭の周東にこの日3安打目となる右前安打を浴びると、三森、上林、真砂、釜元にも安打を浴びて5安打で4失点。5回までに9点を失い、スタンドのオリックスファンからはため息が漏れていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」