野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 筒香嘉智
  • 筒香嘉智、“デビュー戦”で同僚やメディアの心ガッチリ 地元紙「初試合は大成功」

筒香嘉智、“デビュー戦”で同僚やメディアの心ガッチリ 地元紙「初試合は大成功」

レイズの筒香嘉智外野手が23日(日本時間24日)、オープン戦の本拠地ヤンキース戦に「5番・左翼」でスタメン出場。1打数1安打1四球と出塁率10割の“メジャーデビュー”を果たした。地元メディアも「大成功だった」と絶賛している。

初実戦となるオープン戦に臨んだレイズ・筒香嘉智【写真:Getty Images】
初実戦となるオープン戦に臨んだレイズ・筒香嘉智【写真:Getty Images】

1打数1安打1四球と出塁率10割デビュー、守備でも「いい反応を見せていた」

■レイズ 9-7 ヤンキース(オープン戦・日本時間24日・シャーロット)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 レイズの筒香嘉智外野手が23日(日本時間24日)、オープン戦の本拠地ヤンキース戦に「5番・左翼」でスタメン出場。1打数1安打1四球と出塁率10割の“メジャーデビュー”を果たした。地元メディアも「大成功だった」と絶賛している。

 筒香は2回に右腕ヘイルの93マイル(約150キロ)の直球を捉え、投手のグラブを弾いて中前に抜ける“メジャー初打席初安打”をマーク。4回の第2打席は8球粘って四球を選び、代走を送られてお役御免となった。まだわずか2打席とはいえ、持ち味を発揮した。

 さらに、課題とされる左翼の守備でもケビン・キャッシュ監督やゴールドグラブ賞3度を誇る中堅の名手ケビン・キアマイアー外野手が称賛。指揮官は「最初のタイムリー二塁打の処理が良かった。捕球して、カットオフマンに投げていた。まだポジショニングについては始めていないが、彼は自分がプレーするポジションにおいて周囲をよく把握しているようだ」と振り返り、キアマイアーも「彼については打撃力のことばかり耳にしていたけど、外野でとても落ち着いているように見えたよ。守備でも多くの人を驚かせることになると思う」と話した。まさに攻守両面で上々のスタートとなった。

 地元紙「タンパベイ・タイムズ」も日本から来た新戦力のデビューを好意的に伝えている。「ヨシ・ツツゴウはレイズでの初試合をどのように最大限に活用したか」とのタイトルでこの試合についてレポート。「第1打席ではヤンキースの投手デビッド・ヘイルが鋭い打球を弾き安打となり、その後に四球、そして左翼では限られた守備機会で良い反応を見せていた」と報じた。

 さらに、「彼のボスと新しいチームメートはすでに感心していた」とも言及。チーム内ですでに高い評価を手にしていることを紹介している。

 同紙は「ヨシ・ツツゴウのレイズでの初試合は大成功だった」と絶賛。“出塁率10割”のデビュー戦で、早くも同僚や地元メディアの心をガッチリと掴んだようだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」